【ゲーム株概況(7/26)】上方修正を受けてドリコムが急伸 株式分割のギークスも堅調 サービ終了告知&決算控えたAimingが年初来安値更新



【ゲーム株概況(7/26)】上方修正を受けてドリコムが急伸 株式分割のギークスも堅調 サービ終了告知&決算控えたAimingが年初来安値更新7月26日の東京株式市場では、日経平均株価は4日ぶりの反落。前日比98.40円安の2万1658.15円で取引を終えた。前日までの連騰で目先過熱感が出ていたこともあって、米国株安に伴う利食い売りや、週末を控えたポジション調整の売りなどに押されたという。こうした中でゲーム関連株を見てみると、ドリコム<3793>が急伸。第1四半期の業績予想の上方修正が好感された。7月25日、第1四半期の業績予想について、営業利益を5000万円から1億3000万円、経常利益を3000万円から1億5000万円とした。既存ネイティブゲームとenza提供タイトルが好調だったことに加え、「enza」を展開するBXDの持分法利益を計上することが主な要因。戦略事業として投資してきたBXDの利益貢献はポジティブサプライズと受け止められたようだ。・ドリコム、1Q連結業績予想を上方修正…周年タイトルの好調[...]

【ゲーム株概況(7/26)】上方修正を受けてドリコムが急伸 株式分割のギークスも堅調 サービ終了告知&決算控えたAimingが年初来安値更新 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.