歴代のトレーナーが新たなる舞台に大集結!『ポケモンマスターズ』先行体験会レポート



株式会社ディー・エヌ・エーと株式会社ポケモンが協業し、配信予定の新作スマホゲーム『ポケモンマスターズ』のメディア向け先行体験会が開催された。体験会ではゲームのさまざまなシステムやバトルに触れることができたので、どのような作品に仕上がっているのか、じっくりと紹介していこう。

3対3で繰り広げられる新しいポケモンバトル!

『ポケモンマスターズ』は、世代を問わず数多くの人々に愛され続けている、『ポケットモンスター(以下、ポケモン)』の新作スマホゲームだ。

物語の舞台になるのは、人工島の「パシオ」と呼ばれる場所。

そこで開催される3対3のチームバトルの大会である「ワールドポケモンマスターズ」、通称「WPM」に出場するために、5つのバッジを集めにいくところからプレイヤーの冒険は始まる。

プレイヤーの冒険の拠点となるのは、おなじみの「ポケモンセンター」だ

歴代のトレーナーで自分だけのドリームチームが組める!

本作の最大の特徴は、歴代の『ポケモン』シリーズに登場したジムリーダーやチャンピオンといった、さまざまなトレーナーを仲間にできること。

そして、そのトレーナーたちで自分だけのドリームチームを結成できるのが、本作にしかない魅力である。

各トレーナーたちは相棒となるポケモンを連れており、トレーナーと相棒ポケモンのコンビのことを「バディーズ」と呼ぶ。

プレイヤーは、ゲーム内でさまざまなバディーズを仲間にしてチームを結成し、バトルを行っていくという仕組みだ。

普段は対戦相手として登場するジムリーダーや、一緒にチャンピオンを目指すライバルなど、これまで一緒に戦えなかったトレーナーたちとも共闘できる!

バディーズはストーリーで仲間になる以外にも、「バディーズサーチ」で仲間にすることもできる。

バディーズサーチは、ゲーム内アイテムの「ダイヤ」を消費すると利用でき、ランダムでバディーズを仲間にすることができる。

また、バディーズサーチでは引くたびに「バディーズポイント」というものがたまっていき、マックスになると好きなバディーズが獲得できる。

「バディーズサーチ」を通じて、新しい仲間を手に入れよう!

ロールによって役割が変化

各トレーナーにはロールが設定されており、得意としているアクションが違う。ロールは3種類存在し、「アタッカー」「サポート」「テクニカル」に分かれている。

「アタッカー」は攻撃を得意としており、相手ポケモンを倒しやすい。「サポート」は味方へのバフ、「テクニカル」は相手へのデバフや状態異常を得意としたロールだ。

アタッカーだけの構成はまだしも、サポートやテクニカルだけでは相手を倒しにくくなるため、ロールの組み合わせもチームを編成する上では大切になってくるだろう。

チーム編成画面で、バディーズに表示されているアイコンがロール。ロールシステムは本作独自のものであり、今までのポケモンとは違った楽しみ方ができそうだ

原作シリーズにはないリアルタイムバトル!

本作のバトルは、3対3のリアルタイムバトル。従来の『ポケモン』シリーズでは、わざを選んだら「すばやさ」の高いほうが先に行動するという仕組みだったが、本作ではわざを選択した瞬間に行動できるのだ。

わざを使うには「わざゲージ」が必要であり、このわざゲージは時間経過で回復する。各わざには消費するわざゲージが決められているので、バトルではゲージの管理が重要になってきそうだ。

リアルタイムでのバトルになるため、どのわざを使うかじっくり考えている余裕はなく、今までの『ポケモン』シリーズと同じ感覚でプレイすることは難しいだろう。

その代わりに短時間でのバトルが可能になるため、手軽にポケモンバトルを楽しめるという、スマホゲームらしさが感じられるシステムになっている。

画面下部にあるのが「わざゲージ」。このゲージを消費することで、ポケモンはわざを繰り出すことができる

専用のわざでトレーナーもバトルに参加!

わざの中には、わざゲージを消費しない「トレーナーわざ」というものも用意されている模様。

こちらは名前の通り、トレーナーごとに用意されたわざであり、基本的にはロールに合った効果が発揮される。サポートなら”とくこうアップ”などのバフ、テクニカルなら”ぼうぎょダウン”などのデバフが得意といった感じだ。

また、”トレーナーらしさ”を感じられるわざとなっているらしく、すべてのトレーナーが異なるわざを持っているとのこと。

例えば「メイ」ならば、明るい性格を活かした「元気メイっぱい」というわざで、ポケモンたちをサポートしてくれる

一撃必殺の爆発力も秘めた「バディーズわざ」が勝敗を分ける!

各バディーズには、「バディーズわざ」という特殊なわざが用意されている。

バディーズわざは、トレーナーと相棒ポケモンの絆が生み出す強力なわざとなっており、ド派手な演出と共に大ダメージを叩き出すことができるのだ。

バディーズわざは、バトル中に一定回数行動すると使えるようになる。また、この行動回数もわざゲージ同様に、チーム内で共有している。

そのため、チーム内で誰か1人がバディーズわざを使用すると、ほかのバディーズでは使えなくなってしまうようだ。

バトルの戦況を見つつ、チーム内のどのバディーズわざを使うのか見極める必要がある

ポケモンではなくバディーズの育成で強くなる!

『ポケモン』シリーズといえば、自慢のポケモンを鍛えあげて、能力値の向上やわざを覚えさせたりしていく奥深い育成要素も魅力の一つ。

本作でもそれは健在だが、ポケモン単体ではなく、トレーナーも含めたバディーズごとの育成となっている。

バディーズは従来のシステム通りバトルで強くなるが、専用のアイテムを使うことでも経験値を獲得でき、レベルが上がっていく。

また、わざはレベルアップで習得するものではない模様。バディーズは最大4つのわざを使用できるのだが、仲間にした直後は2つのわざを覚えており、残り2つはアイテムを使用することで解放できる。

強くなるために協力してくれるバディーズを探すのは、本作ならではの要素

全バディーズが★5まで育成可能!

バディーズは、星の数が★5まで設定されている。そして、本作ではすべてのバディーズを★5まで育成することができる。

そのため、★3のバディーズも★5まで育てることができるので、自分の好きなバディーズを心行くまで育成できるのだ。

また、「好きなバディーズとずっと一緒に冒険したい」というプレイヤーの願いもかなえてくれるのは、プレイヤーにとって非常に嬉しいシステムだろう。

お気に入りのバディーズを強くして、強敵に立ち向かっていこう

ソロプレイだけでなくマルチチームバトルも存在!

『ポケモンマスターズ』には、ソロプレイだけでなく3人で協力するマルチチームバトルも存在する。

ソロプレイでは、自分の編成した3組のバディーズを操作して戦うことになるため、その3組では対応しきれないタイプなども、相手として現れるだろう。

一方マルチチームバトルでは、チーム内の1組のバディーズを各プレイヤーが出して戦い、残りのバディーズは控えとして扱われる。

プレイヤーは自分のチーム内であれば、バトル中のバディーズと控えのバディーズをいつでも交代できる。味方のチームも合わせれば、実質9組のバディーズで戦うことができるのだ。

仲間と力を合わせて、勝利をつかめ!

リリースは今夏予定!

『ポケモンマスターズ』は、従来の『ポケモン』シリーズに通ずる部分が多く、”ポケモンらしさ”をあらゆる場面から感じることができる作品に仕上がっていた。

その中で、新しいバトルの仕組みや育成要素が登場し、スマホゲームらしい手軽さや遊びやすさも兼ね備えている。リリース時には65組以上のバディーズも登場予定のようだ。

そんな『ポケモンマスターズ』は、今年の夏に配信を予定しているとのこと。既に事前登録も開始されているので、スムーズにゲームを始めたい人は忘れずに登録しておこう。

また、今からリリースが待ちきれないという方は、公式Twitterのフォローや公式LINEを登録して、最新情報をいち早く手に入れられるようにしておこう!

(C) 2019 DeNA Co., Ltd.
(C) 2019 Pokémon. (C) 1995-2019 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokémon は任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です

※画像は開発中のものとなります




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.