『Chess Rush』駒の編成とMP管理が勝敗を決める!? 基本オートバトルのお手軽ボードゲーム系アクション[PR]



この夏サービスが始まったオートバトラーゲーム『Chess Rush』の魅力をチェック! アプリ&ゲーム漬けのライターMが、ワールドワイドに展開する新作のインプレッションをお届けします。(文:ライターM)

チェスのようでチェスではない、基本オートのお手軽アクション


今回インプレッションをお届けするのは、7月4日に世界同時配信開始となった、テンセントゲームズが贈るオートバトラーゲーム『Chess Rush』です。

読者のみなさんはチェストか将棋といった頭を使うゲームはお好きですか? 本能の赴くままに生きる筆者は、正直なところこの手のクレバーな頭脳ゲームは苦手です。



とりあえずインストールしてみると、なにやら海外ゲームの香りが……。余計な先入観を持っても仕方ないので、まずは予備知識の無い状態でプレイ開始です。




海外ゲームということで少々身構えたものの、日本語ローカライズはこれといって問題もなく、チュートリアルどおりにぽちぽちと進めていきます。

指示されるがままにコマを募集(MPを消費してのユニット召喚)して、勇ましいヒーローたちが手駒に加わったところで盤面に配置。カウントダウンが0になればいよいよ試合開始です。



さて、棋士(プレイヤー)はどのようなテクニックを求められるのかと思いきや……まさかの見てるだけ!

途中、緑色の謎生物がちょいちょいアドバイスをくれるものの、キレイすぎる画面とアクションに見とれて内容は右から左。なんだか分からないけど格好よさげな棍棒使い(孫悟空)や虎の獣人(鋭い爪のウォーリア)たちが敵をぼっこぼこに蹴散らしていきます。


あれよあれよと勝ち進んで、バトルロワイヤル形式の試合に勝利したところでチュートリアルは終わります。

なるほど、これがオートバトラーゲームですか(←全然分かっていない)。さすがに理解がざっくり過ぎるため、情報をまとめてみました。

『Chess Rush』の基本

話が前後しましたが、ここで『Chess Rush』の基本ルールについて軽く触れておきます。

ゲームの基本

・ゲームは8名参加のバトルロワイヤル形式。
・各棋士同士が1対1の試合を繰り返して、途中でHPの尽きた棋士は脱落となる。
・棋士の操作はコマの募集と出撃&配置、レベルアップ、アイテム装備のみ。
・バトルそのものへの介入は一切不可能。

▼参加者の国籍はワールドワイド。チャット必須のゲームではないので、これといった抵抗も感じません。


ステータスについて

・棋士にはMP、HPレベルと3種のステータスがあり、試合に負けた際は場に残っている相手のコマの数だけHPにダメージを受ける。
・MPは棋士のレベルアップやコマの募集で消費され、レベルが上がると場に出撃できるコマの上限が増える。
・MPは毎ターン補充されるほか、連勝や連敗といった特殊ボーナスもあり。


とくにキモとなるのがMPの使い方です。本作では試合開始前にショップに並べられたコマから好きなものを選んで、MPを消費して募集します。

どのようなコマが並ぶかはランダムで、気に入らなければMPを消費してラインナップをリセットできます。言うまでも無く、強いコマほど募集に必要なMPコストも跳ね上がるという仕組み。


▼試合の行方はショップのラインナップに左右されます。運良く同じコマが3体手に入れば、合成によってコマのレベルアップを図れます。


MPは5から始まって、1試合ごとに基本収入と10%の利子がつきます。加えて連戦ボーナスや連敗ボーナスもあるので、序盤で温存したりわざと負けてMPを貯めて、中盤から一気に逆転を狙うと行った戦法もアリ。

試合が始まったら、運良く手に入ったアイテムを装備するくらいしかやることがないので、いかに効率よくMPを増やして強力なコマを揃えていくかというゲーム性になります。

戦略音痴でもなんとかなるお手軽さが魅力!

突き詰めればMP効率の鉄則やら、勝利を左右する鉄板編成などもあるとは思いますが、それらを軽くちゃぶ台返ししてくれるのがショップのラインナップでした。


▼よほど運が良かったのか、基礎知識もままならない筆者でもわずか2回目のプレイでまさかのチャンピオンに……。


序盤でトントン拍子にコマのレベルを上げることができれば、それこそ戦略系のゲームが苦手な人でも勝ちを拾えます。

筆者が魅力として推したいポイントとして、まずは1ターン75秒(準備30秒、試合時間45秒)というテンポの良さです。もっとも、30秒でコマの募集から配置まで済ませなければいけないので、そこは即断即決が求められます。


▼登場するコマの種類はファンタジーからSF風味まで多彩。シナジー効果なども確認しつつ編成したいところですが、準備時間30秒はなかなかにシビアです。


次いで、総プレイ時間や課金によって絶対的な戦力差がつけられないという点。あくまでも筆者が体験した“ビギナーレベル”での話ですが、大金を投じて絶対的な力を持つコマを投入して無双することもできないので、本作を始めるにあたっての敷居はかなり低めです。

ただ、コレも札束で殴り合うようなゲーム性を好む人や、ストイックに育成を続けて頂点を目指すスタイルを好む人にはやや物足りないかも?

▼試合中はただ応援するしかないのが楽しくもあり、もどかしくもあり。バトルに参加しているというよりも、何かしらのスポーツを観戦している気分になりました。


最後に、運の要素が強いとはいえ、MP獲得量を増やしたり、コマの種族や職業を揃えてバフ効果を狙ったりといった“小さなテクニックの積み重ね”で、勝利を引き寄せる奥深さです。

初心者の筆者が口にするとやや説得力に欠けますが、手軽さを重視して、継続ログインに捕らわれたくない人にこそオススメしたい1本です。

このあと0時より世界大会を生配信!

世界8ヶ国のトップ・インフルエンサーたちが、優勝賞金10,000ドルとエグゼクティブ・インフルエンサーの座を目指して『Chess Rush』でバトルを繰り広げる大会『グローバルスターチャレンジ』が、このあと0時から配信されます!

日本代表として出場するマックスむらいの応援をお願いします!

Chess Rush ・販売元: PROXIMA BETA PTE.LIMITED
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 387.3 MB
・バージョン: 1.0.95
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.