ブシロード、19年7月通期の営業益は高進捗なのになぜ減益予想? 来期リリース予定の新作ゲームの開発費を先行計上、販促と人件費増も要因



ブシロード、19年7月通期の営業益は高進捗なのになぜ減益予想? 来期リリース予定の新作ゲームの開発費を先行計上、販促と人件費増も要因東証マザースに上場したブシロード<7803>は、2019年7月通期の業績見通しを発表しており、売上高313億5400万円(前期比8.5%増)、営業利益27億2100万円(同7.1%減)、経常利益27億3900万円(同8.6%減)、最終利益17億1300万円(同4.6%増)となる見込みだ。売上高と最終利益は前期比でプラスとなる一方、営業利益と経常利益は減益となる見通しだ。ただ、第3四半期までの進ちょく率を見ると、売上高が75%、営業利益が91.9%、経常利益が92.1%、最終利益が84.6%となっており、利益については、第3四半期までの目安となる75%を超過している。営業利益と経常利益は一見すると上振れ確実に見えるが、なぜ減益予想なのか。どういった要因があるのだろうか。 同社では、音楽部門のライブ回数増やMD部門のバンドリIP関連グッズの売上・興行部門の動員数増加によっ[...]

ブシロード、19年7月通期の営業益は高進捗なのになぜ減益予想? 来期リリース予定の新作ゲームの開発費を先行計上、販促と人件費増も要因 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.