セガサミーHD、1Qは売上高5.7%増、営業益は3.6倍に デジタルゲーム分野の収益性が大幅に改善…既存タイトル好調やタイトル譲渡などで



セガサミーHD、1Qは売上高5.7%増、営業益は3.6倍に デジタルゲーム分野の収益性が大幅に改善…既存タイトル好調やタイトル譲渡などでセガサミーホールディングス<6460>は、7月30日、2020年3月期の第1四半期(4~6月)の連結決算を発表、売上高727億円(前年同期比5.7%増)、営業利益34億円(同3.6倍)、経常利益23億円(同3.4倍)、最終利益17億円(同5.0倍)となった。 セグメント別の状況は以下のとおり。①遊技機事業…売上高171億円(前年同期比20.1%減)、営業利益13億円(同22.6%減)パチスロ遊技機は前期発売タイトルの継続販売を行い、1万7000台の販売(前年同期は9000台の販売)となった。パチンコ遊技機は、高継続タイプの遊技機を販売したが、前年同期からは減少となる1万6000台の販売(前年同期は4万台の販売)となった。②エンタテインメントコンテンツ事業…売上高530億円(同17.9%増)、営業利益49億円(同195.1%増)デジタルゲーム[...]

セガサミーHD、1Qは売上高5.7%増、営業益は3.6倍に デジタルゲーム分野の収益性が大幅に改善…既存タイトル好調やタイトル譲渡などで is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.