【Aiming決算説明会】早期退職などで人員最適化に注力…3Qは「大幅な社員数減に」(椎葉社長) 新作は『ログレス物語』とゲーム系IPタイトルの2本を今期リリース予定



【Aiming決算説明会】早期退職などで人員最適化に注力…3Qは「大幅な社員数減に」(椎葉社長) 新作は『ログレス物語』とゲーム系IPタイトルの2本を今期リリース予定Aiming<3911>は、7月26日、東京都内で2019年12月期の第2四半期決算の説明会を開催した。説明会に先立ち発表された第2四半期(1~6月)決算は、売上高29億6100万円(前年同期比21.8%減)、営業損益3億7500万円の赤字(前年同期11億1400万円の赤字)、経常損益3億8400万円の赤字(同11億3400万円の赤字)、最終損益4億6900万円の赤字(同11億3800万円の赤字)となった。説明会では、同社の椎葉忠志社長がまずは説明を一通り行い、その後に質疑応答が行われた。今回はその内容も踏まえつつ、会見の様子をまとめてみた。 ■前四半期の特殊要因なくなり四半期ベースで赤字計上に 早期退職など人員最適化に注力まずは業績を四半期推移(QonQ)で見てみると、第2四半期期間(4~6月)は、売上高は前四半期比14.8%減の13億6200万円となり、営業損益は[...]

【Aiming決算説明会】早期退職などで人員最適化に注力…3Qは「大幅な社員数減に」(椎葉社長) 新作は『ログレス物語』とゲーム系IPタイトルの2本を今期リリース予定 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.