セガサミー、AM機器は7億円の営業赤字に転落 ビデオゲーム稼働低調、新本社の固定費増も負担に 『StarHorse4』投入で巻き返し狙う



セガサミー、AM機器は7億円の営業赤字に転落 ビデオゲーム稼働低調、新本社の固定費増も負担に 『StarHorse4』投入で巻き返し狙うセガサミーホールディングス<6460>は、本日(7月30日)発表の第1四半期(4-6月)の決算で、アミューズメント機器が7億円の営業赤字となったことを明らかにした。前年同期は2億円の黒字だった。売上高については5.2%増の101億円だった。同社では、本社移転に伴い固定費用が増加したことに加えて、ビデオゲームの稼働が低調だったため、と説明している。ただ、プライズ機の販売は好調に推移したとのこと。今後は、『maimai でらっくす』を7月に稼働を開始し、今冬には主力タイトル『StarHorse4』を投入する予定で、巻き返しを狙っていく。 このほか、アミューズメント施設については、プライズを中心に堅調に推移し、売上高が10.4%増の104億円、営業利益が40%増の7億円と増収増益を達成。既存店売上高が5年連続でプラズを記録するなど好調だった。 [...]

セガサミー、AM機器は7億円の営業赤字に転落 ビデオゲーム稼働低調、新本社の固定費増も負担に 『StarHorse4』投入で巻き返し狙う is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.