ソニー、第1四半期のゲーム事業は「ポジティブ」 PS4販売台数は下振れも考えたが横ばい 下期は次世代機も考え無理な拡販は行わないことに



ソニー、第1四半期のゲーム事業は「ポジティブ」 PS4販売台数は下振れも考えたが横ばい 下期は次世代機も考え無理な拡販は行わないことにソニー<6758>の十時 裕樹 専務CFOは、この日(7月30日)開催した「第1四半期 業績説明会」において、売上高が前年同期比3.1%減の4575億円、営業利益が11.6%減の738億円と減収減益だったゲーム&ネットワークサービス分野について「ポジティブに見ている」とコメントした。昨年の第1四半期は『ゴッド・オブ・ウォー』などの大型タイトルがあったが、今年はそれに匹敵するタイトルがなく、自社ソフトの売上低下を想定していたという。さらに、PS4のハードウェア販売については第1四半期は320万台でほぼ横ばいだったとのこと。「同業他社の状況を見てダウンサイド(下振れ)もあると考えていた」ため、ポジティブだったようだ。なお、2020年3月通期のPS4のハードの販売台数を1600万台から1500万台に引き下げたとのことだが、「次世代機に関する情報も出し始めているため、年末に無理[...]

ソニー、第1四半期のゲーム事業は「ポジティブ」 PS4販売台数は下振れも考えたが横ばい 下期は次世代機も考え無理な拡販は行わないことに is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.