マーベラス、第1四半期は営業益が1.8%増の6億6200万円…コンシューマと音楽映像が減益も収益急改善のオンラインがカバー



マーベラス、第1四半期は営業益が1.8%増の6億6200万円…コンシューマと音楽映像が減益も収益急改善のオンラインがカバーマーベラス<7844>は、本日(7月31日)、第1四半期(4月~6月)の連結決算を発表し、売上高45億1800万円(前年同期比28.2%減)、営業利益6億6200万円(同1.8%増)、経常利益6億1800万円(同11.6%減)、最終利益3億4300万円(同22.0%減)だった。オンライン事業の収益性が改善されたものの、国内新作の発売のなかったコンシューマ事業と、ステージ関連のパッケージソフトの発売タイトルの減った音楽映像事業が減収減益となった。経常利益が減益だが、これは前年同期に計上された為替差益がなくなる一方、為替差損が発生したことによる。 セグメント別の状況は以下のとおり。①オンライン事業売上高は16億5800万円(同28.0%減)、セグメント利益は3億2800万円(同993.4%増)となった。リリースから2年目の「シノビマスター 閃乱カグラ NEW LINK」が[...]

マーベラス、第1四半期は営業益が1.8%増の6億6200万円…コンシューマと音楽映像が減益も収益急改善のオンラインがカバー is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.