ユナイテッド、1Qは売上高61%減、営業益86%減に…前年同期のメルカリ上場に伴う売出しによる収益計上の反動で ゲーム事業は新作不振で赤字転落



ユナイテッド、1Qは売上高61%減、営業益86%減に…前年同期のメルカリ上場に伴う売出しによる収益計上の反動で ゲーム事業は新作不振で赤字転落ユナイテッド<2497>は、7月31日、2020年3月期の第1四半期(4~6月)の連結決算を発表、売上高60億8300万円(前年同期比61.2%減)、営業利益16億9400万円(同86.3%減)、経常利益16億9400万円(同86.5%減)、最終利益7億6400万円(同90.8%減)となった。 前年同期に出資先のメルカリ<4385>の東証マザーズ上場に伴う売出しで、売上高で128億9200万円、営業利益で126億4100万円がインベストメント事業の業績として計上された反動から大幅な減収減益での着地となっている。主なセグメントごとの状況は以下の通り。①アドテクノロジー事業…売上高15億9300万円(前年同期比8.9%増)、セグメント利益9400万円(前年同期4900万円の赤字)アプリ広告領域において前連結会計年度より提供を開始した「ADeals[...]

ユナイテッド、1Qは売上高61%減、営業益86%減に…前年同期のメルカリ上場に伴う売出しによる収益計上の反動で ゲーム事業は新作不振で赤字転落 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.