【速報1】ドリコム内藤社長、​「enzaはドリコム側だけでなくBXD側も黒字転換」 日々の改修によるKPI改善とマルチタッチ戦略が奏功



【速報1】ドリコム内藤社長、​「enzaはドリコム側だけでなくBXD側も黒字転換」 日々の改修によるKPI改善とマルチタッチ戦略が奏功ドリコム<3793>の内藤 裕紀社長は、この日(7月31日)、東京都内で開催した第1四半期の決算説明会で、ブラウザゲームプラットフォーム「enza」について、ドリコム側だけでなく、バンダイナムコエンターテインメントとの合弁会社BXD側でも黒字転換したことを明らかにした。BXDの利益については、持分法投資利益3500万円が営業外収益に計上されるため、経常利益から反映される。 内藤社長によると、日々の改修を重ね、課金率や継続率などKPIがネイティブアプリ並みに改善したうえで、アプリやPCブラウザへの提供などマルチタッチ戦略とプロモーションを行ったことでユーザー数が一気に伸び、収益が大きく改善したという。特に『アイドルマスター シャイニーカラーズ』のアプリ展開と周年イベントが伸びに拍車をかけたように見える。「プラットフォームでの流通金額は拡大基調にある。売上の伸びが利益につ[...]

【速報1】ドリコム内藤社長、​「enzaはドリコム側だけでなくBXD側も黒字転換」 日々の改修によるKPI改善とマルチタッチ戦略が奏功 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.