【ゲーム株概況(7/31)】下半期の新作ラッシュに期待のenishが買われる 日経平均組み入れ需要でバンナムHDも高い 1Q2ケタ減収のマーベラスはさえない



Social Game Info7月31日の東京株式市場では、日経平均株価は反落し、前日比187.78円安の2万1521.53円で取引を終えた。米中貿易協議の行方への警戒感に加え、米国のFOMC(連邦公開市場委員会)の結果発表を控えていることが市場の重しとなった。そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、モバイルファクトリー<3912>やenish<3667>、ギークス<7060>などが買われた。enishは、7月30日に発表した第2四半期決算は7.5億円の営業赤字計上となったものの、下半期は3本の新作リリースを計画するなど、反転攻勢に向けた動きに市場が期待しているようだ。また、日経平均組み入れ需要を背景にバンダイナムコHD<7832>も買われた。半面、アクセルマーク<3624>が反落し、サイバーエージェント<4751>やLINE<3938&[...]

【ゲーム株概況(7/31)】下半期の新作ラッシュに期待のenishが買われる 日経平均組み入れ需要でバンナムHDも高い 1Q2ケタ減収のマーベラスはさえない is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.