【FGO】あの人物の得票率はなんと4割以上! 4周年の新サーヴァント予想アンケート結果発表



『Fate/Grand Order(FGO)』リリース4周年に際して実装される新規サーヴァントについて、読者アンケートに寄せられた予想を発表します。

【注意】
本記事ではメインクエスト第2部第4章「Lostbelt No.4 創世滅亡輪廻 ユガ・クシェートラ 黒き最後の神」までの内容に関する情報(ネタバレ)を掲載しています。未クリアの場合には、続きを読まないことを強く推奨します。

3周年で法則が乱れ、予想が難しい状況に


『FGO』の周年企画では新規サーヴァントの実装が恒例となっています。4周年の動向はまだ不明ですが、新規サーヴァントは周年記念イベントが大いに盛り上がる要因のうちの1つですから、おそらく今年も1騎以上が実装されるでしょう。

【参考情報:1〜3周年における新規サーヴァント】

実装時期 サーヴァント
3周年 星5キャスター「スカサハ=スカディ」 星5キャスター
スカサハ=スカディ
2周年 星5ルーラー「シャーロック・ホームズ」 星5ルーラー
シャーロック・ホームズ
1周年 星5キャスター「レオナルド・ダ・ヴィンチ」 星5キャスター
レオナルド・ダ・ヴィンチ

▼2周年まではカルデアの主要人物が続きましたが、3周年では事前に敵として実装されていた異聞帯の英霊スカサハ=スカディがプレイアブル化。法則が乱れ、予想が難しい状況となっています。


上位10位をカウントダウン形式で発表

同率得票サーヴァントが第10位に3騎、第6位に2騎存在するため、発表対象は全12騎となります。

■第10位(0.97%):アーチャー(Fate/Prototype)


『Fate/stay night』の原型作品(未発表)から派生したアニメーション『Fate/Prototype』のアーチャーが第10位にランクイン。

『Fate/Prototype』および前日譚小説『Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ』については、シリーズ合同のコラボレーションイベントを1回開催しても余りある程度の未実装人物が残っています。

もしも将来関連イベントが開催されるとしても、アーチャーが先に実装される可能性はありますね。

■第10位(0.97%):言峰綺礼


※『FGO』世界において言峰綺礼と強く関係している「■■■■■・■■■■■■」への票は言峰綺礼と合算。

同率第10位の2騎目は『Fate』シリーズでおなじみの神父・言峰綺礼。『FGO』ではメインクエスト第2部で満を辞して登場しました。

しかし『FGO』における言峰綺礼には、いまだに多くの謎が残されています。現段階でのプレイアブル化は尚早だと判断した読者が多かったのでしょうか、第10位という低めの順位にとどまりました。

■第10位(0.97%):マーリン〔プロトタイプ〕


『Fate/Prototype』シリーズにおけるマーリンが、3騎目の第10位となりました。

『Fate/stay night』世界のマーリンとは異なり女性であることは判明していますが、容貌はいまだに不明です。

『FGO』に実装済みの星5キャスター「マーリン」は最強級のサーヴァントなので、もしも『Fate/Prototype』版のマーリンが実装されたら、キャラクター性はもちろん、性能についての話題も大きく盛り上がりそうですね。

▼『FGO』では星5セイバー「アーサー・ペンドラゴン〔プロトタイプ〕」の宝具演出で声を聴けます。声優はシリーズでおなじみの川澄綾子さん。


■第9位(1.09%):織田信勝


第9位は「ぐだぐだ」シリーズの人気者・織田信勝。サーヴァントとしての成立が難しいとされる英霊ですが、何らかの裏技的方法で安定したサーヴァントになる可能性は大いにあるでしょう。

「ぐだぐだ」シリーズは人気と勢いを増し続けているので、4周年を飾るサーヴァントが輩出される可能性もあるかもしれませんね。

■第8位(1.33%):安倍晴明


平安系サーヴァントたちからしばしば言及される陰陽師・安倍晴明が第8位にランクイン。

星5キャスター「スカサハ=スカディ」のようなゲーム環境を革命する支援系サーヴァントがもしも日本から現れるとしたら、安倍晴明ほどふさわしい英霊はあまり多くないでしょうね。平安組の賑わいはもちろん、性能への期待も得票要因かと思います。

■第6位(1.93%):柴田勝家


同率第6位の1騎目は、2019年7月に開催されたイベント「オール信長総進撃 ぐだぐだファイナル本能寺2019」での活躍が記憶に新しい柴田勝家。

すでに敵として固有のバトルキャラが実装されていることは、今回ランクインしたほかのサーヴァントにはない重要な特徴です。

ただし、プレイアブルサーヴァントと比べると勝家のバトルモーションは種類が少なく、同じくアンプレイアブルのエネミー・メガロスと類似してもいます。固有のボイスがないことも考慮すると、エネミー専用のバトルキャラだった可能性は否めません

▼兜の着脱差分イラストは、霊基再臨差分としては全身の変化が少なすぎると思います。イベントではほかの2段階が登場しておらず、兜の着脱は霊衣で対応される可能性も否定はできませんが……。


■第6位(1.93%):マックスウェル


イベント「オール信長総進撃 ぐだぐだファイナル本能寺2019」で勝家とともに登場したマックスウェルが、奇遇にも同率得票で第6位となりました。

英霊としての性質上、通常の人類史では存在できないとされるマックスウェル。しかしカルデア式召喚はマスターとの縁さえあれば召喚実現の可能性が生じるので、プレイアブル化に際する障害としてはほぼ考慮しなくてよい問題かと思います(笑)。

■第5位(2.30%):シャルルマーニュ


シャルルマーニュは『Fate/EXTELLA LINK』に登場したサーヴァント。当該ソフトは複数のハードで展開されていますが、初出のPlayStation 4版およびPlayStation Vita版の発売日は2018年6月7日(木)。すでに1年以上が経過しています。

そろそろ『FGO』に登場してもおかしくない頃合いかと思いますが、1〜3周年にプレイアブル化したサーヴァントはすべて『FGO』が初出でした。法則が続くなら対象外となってしまいますね……。

■第4位(2.42%):バーソロミュー・ロバーツ


物語の展開が投票で決まる特殊なイベント「惑う鳴鳳荘の考察」に登場したバーソロミュー・ロバーツが第4位にランクイン。

海賊といえば海、海といえば夏。やはり季節感が得票要因でしょうか。あるいは2018年の水着イベント「サーヴァント・サマー・フェスティバル!」(2019年8月3日(土)12:59まで復刻開催)で大活躍したエドワード・チィーチの関連人物であることも、大いに意識されたのかもしれませんね。

■第3位(3.02%):レオナルド・ダ・ヴィンチ(第2部)


※「レオナルド・ダ・ヴィンチ(ライダー)」といった票は、メインクエスト第2部で初出の特定状態を示すと判断して合算。「ダ・ヴィンチちゃん」といった、状態を判断できない票は合算対象外。

第3位は、メインクエスト第2部で衝撃的な登場を果たしたレオナルド・ダ・ヴィンチの新たな姿。2017年末から第2部の最前線で戦い続けている方にとっては、もうすっかりおなじみでしょうか。

『Fate/Grand Order Arcade』では星4ライダー「レオナルド・ダ・ヴィンチ」として実装済みですが、アプリ版『FGO』では未実装です。

あくまでも私見ですが、アプリ版『FGO』の1周年に際して星5キャスター「レオナルド・ダ・ヴィンチ」が実装された歴史が繰り返す可能性は、大いにあるのではないかと思います。

■第2位(9.43%):キャプテン


※「■■■■■・■■」や「■■■■」といったキャプテンの真名に関する票はすべて合算。

メインクエスト第2部で初登場した「キャプテン」と呼ばれるサーヴァントが、第3位の3倍以上の票を得て第2位にランクイン。

「Lostbelt No.4 創世滅亡輪廻 ユガ・クシェートラ 黒き最後の神」で満を辞して真名と能力が明かされた旬のサーヴァントですね。

しかし、プレイアブル化にあたっては「物語におけるキャプテンは主人公の契約サーヴァントではない」という問題が解決される必要があります。個人的には『Fate』シリーズらしいアクロバティックなとんちに大いに期待しているのですが、はたして……。

■第1位(41.96%):千子村正


41.96%という圧倒的すぎる得票で、千子村正が第1位に君臨!

『Fate/stay night』発売15周年でもある2019年の新規実装サーヴァントとしては、やはりもっともふさわしい存在だと思います。

個人的にはメインクエストでの華々しい再登場と同時にプレイアブル化されるほうが本望なのですが、とにかく『Fate/stay night』発売15周年という要素が強烈すぎるので、今実装されても納得するほかありません。

『FGO』本編においては「亜種特異点III/亜種並行世界 屍山血河舞台 下総国 英霊剣豪七番勝負」が最初で最後の登場となっており、主人公とは未契約の状態です。しかし本編中での未契約英霊がプレイアブル化した先例はすでにあるので、実装の可能性を否定する材料にはなりませんね。

第10位までのランキング

順位
(得票率)
実装予想サーヴァント
第1位
(41.96%)
千子村正
第2位
(9.43%)
キャプテン
第3位
(3.02%)
レオナルド・ダ・ヴィンチ(第2部)
第4位
(2.42%)
バーソロミュー・ロバーツ
第5位
(2.30%)
シャルルマーニュ
第6位
(1.93%)
柴田勝家
第6位
(1.93%)
マックスウェル
第8位
(1.33%)
安倍晴明
第9位
(1.09%)
織田信勝
第10位
(0.97%)
アーチャー(Fate/Prototype)
第10位
(0.97%)
言峰綺礼
第10位
(0.97%)
マーリン〔プロトタイプ〕

ほかのアンケート企画は「アンケート」タグからご覧ください!

Twitterで『FGO』最新情報をチェック!

『FGO』攻略班のTwitterアカウントができました。ぜひフォローしてください!


特製アプリで『FGO』情報を毎日配信!

『FGO』の最新情報を毎日お届けする便利なニュースアプリを配信中です! ぜひご活用ください!

『FGO』攻略・最新情報まとめ  by AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ニュース
・容量: 15.3 MB
・バージョン: 1.1
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。
20180725_fgo
Fate/Grand Order ・販売元: Aniplex Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 203.3 MB
・バージョン: 1.64.0
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

(C)TYPE-MOON / FGO PROJECT




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.