フリュー、18年3月期はプリントシール関連伸び悩み営業益37%減の24億円 ゲーム事業は「ぱすてるメモリーズ」「ゆるキャン△」BD貢献も費用増をカバーできず



フリュー、18年3月期はプリントシール関連伸び悩み営業益37%減の24億円 ゲーム事業は「ぱすてるメモリーズ」「ゆるキャン△」BD貢献も費用増をカバーできずフリュー<6238>は、2018年3月期の連結決算を発表し、売上高253億円(前の期比2.0%増)、営業利益24億円(同37.4%減)、経常利益24億円(前期比36.9%減)、最終利益17億円(同38.3%減)と大幅減益となった。主力のプリントシールや関連のコンテンツ・メディアを中心に全セグメントが減益となったとのこと。ゲーム事業も増収を達成したが、赤字幅拡大となった。 セグメント別の業績は以下のとおり。(プリントシール事業)売上高90億円(同0.2%減)、営業利益10億円(同14.5%減)だった。2017年7月に「SALON AIR(サロンエアー)」、同年11月に「これ以上可愛くなってもいいですかー。」、2018年3月に「SUU.(スーーー)」を発売した。加えて、キャンペーン等の販促活動や、直営店「girls mignon(ガールズミニョン)」の新規出店等を積極的に[...]

フリュー、18年3月期はプリントシール関連伸び悩み営業益37%減の24億円 ゲーム事業は「ぱすてるメモリーズ」「ゆるキャン△」BD貢献も費用増をカバーできず is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.