コトブキヤ、19年6月期の営業利益は60%減の2億7200万円…『FAガール』特需の反動減と国内卸売フィギュアの売上不振で



コトブキヤ、19年6月期の営業利益は60%減の2億7200万円…『FAガール』特需の反動減と国内卸売フィギュアの売上不振でコトブキヤ(壽屋)<7809>は、本日(8月13日)、2019年6月通期の決算を発表し、売上高82億9400万円(前の期比5.9%減)、営業利益2億7200万円(同60.0%減)、経常利益2億4400万円(同60.3%減)、最終利益1億3700万円(同67.2%減)と大幅な減益となった。 同社では、前の期におけるアニメ「フレームアームズ・ガール」関連製品の特需の反動が出たことに加えて、国内卸売販売のフィギュア売上高が減少したため、としている。また版権のミニマムギャランティ(最低保証⾦)の未消化分5300万円の償却も行なったとのこと。2020年6月期は、売上高88億円(前期比6.1%増)、営業利益4億円(同47.0%増)、経常利益3億6000万円(同47.2%増)、最終利益2億4800万円(同80.3%増)を見込む。 [...]

コトブキヤ、19年6月期の営業利益は60%減の2億7200万円…『FAガール』特需の反動減と国内卸売フィギュアの売上不振で is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.