マイネット、赤字タイトルの再生を目指す「再設計型」から撤退 データドリブン・スマート運営に集中 クラウドゲーミングタイトルの開発も着手



マイネット、赤字タイトルの再生を目指す「再設計型」から撤退 データドリブン・スマート運営に集中 クラウドゲーミングタイトルの開発も着手マイネット<3928>は、ゲームサービス事業について戦略転換を行う方針を明らかにした。規模の成長を目指して開始した、赤字タイトルを買収して再生を目指す「再設計型」と、国内タイトルの海外展開を行う「グローバルチャレンジ」について、今後は行わないことを明らかにした。同社は、この日(8月14日)に発表した第2四半期決算で、再設計型タイトル6本の運営を開始し、6カ月の再設計期間を経て黒字化を目指したものの、計画から乖離が生じ、業績が計画に達しない要因となった。 今後は、強みとしていたデータドリブン・スマート運営に集中する、としている。運営の自動化・効率化によるコスト最適運営で、タイトルの獲得についても確実に利益家できる6タイトル程度に限定する考えも示した。 このほか、今後はクラウドゲーミングタイトルの開発などに着手したことも明かした。これまで成功させてきた大規模M&[...]

マイネット、赤字タイトルの再生を目指す「再設計型」から撤退 データドリブン・スマート運営に集中 クラウドゲーミングタイトルの開発も着手 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.