【ゲーム株概況(8/14)】目先の悪材料出尽くしとの見方でコロプラが大幅反発 野村が投資判断「Buy」継続の任天堂は4万円台回復 BOIはS安



【ゲーム株概況(8/14)】目先の悪材料出尽くしとの見方でコロプラが大幅反発 野村が投資判断「Buy」継続の任天堂は4万円台回復 BOIはS安8月14日の東京株式市場では、日経平均株価は反発し、前日比199.69円高の2万655.13円で取引を終えた。米国の対中関税の一部が12月に先送りになると伝えられたことで、米中貿易摩擦への警戒感が後退し、朝方から買いが先行した。そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、第3四半期決算と同時に『最果てのバベル』に関わる不適切な取引の問題に関する報告書が開示されたことで、目先の悪材料が出尽くしたとの見方からコロプラ<3668>が大幅反発し、ボルテージ<3639>やミクシィ<2121>、モバイルファクトリー<3912>なども買われた。野村証券が目標株価こそ5万7000円から5万2000円に引き下げたものの、投資判断「Buy」を継続した任天堂<7974>も7営業日ぶりに4万円台を回復した。半面、バンク・オブ・イノベーション(BOI)&l[...]

【ゲーム株概況(8/14)】目先の悪材料出尽くしとの見方でコロプラが大幅反発 野村が投資判断「Buy」継続の任天堂は4万円台回復 BOIはS安 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.