マイネット、AIスタジオ5タイトルでRPAを導入 全タイトルで1年以上の運営延長を決定 「Northスタジオ」でも5タイトルが延長に



マイネット、AIスタジオ5タイトルでRPAを導入 全タイトルで1年以上の運営延長を決定 「Northスタジオ」でも5タイトルが延長にマイネット<3928>の上原仁社長(写真)は、この日(8月15日)に開催した第2四半期の決算説明会において、同社のAIスタジオで運営するスマホゲーム5タイトルでRPA(認知技術を使った業務の効率化・自動化)で運営期間を1年以上延長するなど長寿化などの効果出ていることを明らかにした。RPAの導入は、単純作業をロボットに担当させ、メンバーをコア・バリューのために使えるようにする措置だったが、平均で30.6%の作業時間の短縮を実現したという。段階的に導入しているそうだが、特に効果的なのが施策の実施とその売上の予測にあるという。例えば、ゲーム運営では施策開始後の売上が予測や目標を下回り、追加施策を準備する必要に迫られ、結果として工数が増えてしまうことがある。しかしRPAの導入で事前に精度の高い予測を立てることが可能となり、施策実施中に追加で作業の発生する頻度が減ったそうだ。 [...]

マイネット、AIスタジオ5タイトルでRPAを導入 全タイトルで1年以上の運営延長を決定 「Northスタジオ」でも5タイトルが延長に is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.