【ミクシィ決算説明会】木村社長「『モンスト』の7月のMAUは昨年を上回っている」 1Qの売上低迷もV時回復に期待、『コトダマン』の影響は軽微



【ミクシィ決算説明会】木村社長「『モンスト』の7月のMAUは昨年を上回っている」 1Qの売上低迷もV時回復に期待、『コトダマン』の影響は軽微▲木村弘毅社長(今年5月の決算説明会で撮影)ミクシィ<2121>は、8月9日、の連結決算についてのテレフォンカンファレンス(電話会議)による説明会を実施した。説明会に先立って発表した2020年第1四半期(4-6月)の連結決算を発表し、売上高207億8000万円(前年同期比39.9%減)、営業利益16億3700万円(同85.2%減)、経常利益16億8300万円(同84.7%減)、最終利益11億3400万円(同84.4%減)となった。2020年第1四半期のエンターテインメント事業売上は前年同期比、前期比共に減収で、その要因は同社の売上のかなりの割合を占める『モンスターストライク』(モンスト)の低迷によるものだった。同タイトルの現状とこれからの展望を中心に決算説明会の内容をお伝えしていく。■YoYでエンターテインメント事業の売上が40%減、『モンスト』のARPUが4月に伸び悩む同社の[...]

【ミクシィ決算説明会】木村社長「『モンスト』の7月のMAUは昨年を上回っている」 1Qの売上低迷もV時回復に期待、『コトダマン』の影響は軽微 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.