コムシード、1Qは売上高10%減、営業益58%減で着地 バーチャルホール『グリパチ』Android版の施策の出遅れが響く



コムシード、1Qは売上高10%減、営業益58%減で着地 バーチャルホール『グリパチ』Android版の施策の出遅れが響くコムシード<3739>は、8月8日、2019年3月期の第1四半期(4~6月)の決算(非連結)を発表、売上高2億9600万円(前年同期比10.5%減)、営業利益600万円(同58.0%減)、経常利益500万円(同61.6%減)、最終利益500万円(同55.8%減)となった。 ソーシャルゲームは、主力サービスのバーチャルホール『グリパチ』において、新規アプリのリリースや他社とのコラボレーション企画の実施などにより、引き続きサービス拡大を図ってたが、主に売上の半分以上を占めるAndroid版における施策の出遅れが響き、売上は計画を下回る結果となった。一方、バーガーショップ経営ゲーム『I LOVE バーガー』は、定期的なイベントの実施やキャンペーン施策により、堅調に推移した。従量制アプリは、当初予定通り、第2四半期以降投入予定の人気タイトルに関するアプリ開発を進行してした。ア[...]

コムシード、1Qは売上高10%減、営業益58%減で着地 バーチャルホール『グリパチ』Android版の施策の出遅れが響く is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.