カウボーイにネイティブアメリカン!さらには農夫までバトル!?西部開拓時代を舞台にした対戦型RTS「WarWest(ウォー・ウェスト)」レビュー



WarWest(ウォー・ウェスト)

WarWest レビュー画像

ガンマンやネイティブアメリカンなど、西部開拓時代のユニットを召喚してバトル!

西部開拓時代を舞台にした対戦型RTS

「WarWest(ウォー・ウェスト)」は西部開拓時代を舞台にした対戦型RTS。

時間経過によって貯まるリソースを消費してカードからユニットを召喚し、敵を迎え撃とう。

カウボーイにガンスリンガー、ネイティブアメリカン、はては農夫といった、西部開拓時代のイカしたキャラが本作の魅力。

魅力は見た目だけじゃない。ソロプレイにCoopプレイ、対戦プレイに2VS2のアリーナと、ゲームモードが豊富。しかも、マップが変われば同じモードでも求めらる戦略が大きく変化する!

6枚のカードでデッキを構築!ユニットのコストに注意

WarWest レビュー画像

デッキを編成してバトルに挑む。ユニット以外に、効果だけ発揮するカードもあるぞ。

バトル中に使用するカードは、あらかじめデッキとして編成しておく。

デッキの枚数は6枚。デッキに入れるカードのコストに制限はないものの、リソースが貯まるまで召喚できない高コストユニットばかりデッキに入れると、バトル時にユニットをなかなか召喚できなくなってしまう。

ユニットを召喚せず特殊効果だけ発揮するカードもあるので、バトル時のバランスを考えつつデッキ構築しよう。

コインで新ユニットゲット!薬瓶でレベルアップ

WarWest レビュー画像

コインや宝石を使うことで、新ユニットを獲得。パック購入もできるぞ。

バトルの結果獲得したコインを使うことで、新ユニットを獲得することができるぞ。

また、コインはユニットのレベルアップに必要な薬瓶(Viral)の獲得にも使える。

新ユニット・薬便は、有料アイテムの宝石(Gleem)で購入することもできるけど、まずはコインでゲットすることを目指そう。

ガチャではなく指名買いできるシステムなので、プレイを繰り返して、どうしても欲しいユニットが出てきてから課金を購入するのでも遅くはない。

 

「WarWest」の魅力は豊富なマップとゲームモード

WarWest レビュー画像

ゲームモードは4つあり、さらに目的の異なるルールが用意されている。

本作のゲームモードは、ソロプレイの「Solo」、協力プレイの「Coop」、1v1対戦の「Duel」、2v2対戦の「Arena」という4つ。

さらに、ひたすらサバイバルする「Siege」と敵拠点を破壊するまでのタイムを競う競う「Assault」、敵拠点破壊を目指す「Skirmish」といったルールが用意されている。

どのモードとルールで戦うかによって、要求される戦略、デッキは変化するぞ。

どう召喚する?マップを変えれば戦術も変化

WarWest レビュー画像

マップ毎にルートが大きく異なる。ユニットをどう召喚するか、マップ毎に見直そう。

戦略やデッキ構築に影響するのはモードとルールだけじゃない。

もっとも大きく影響するのは、マップだろう。

マップ毎に、進行ルートが大きく異なるため、マップによってユニットをどう召喚すればいいのかという戦術が変化する。

そこに相手がどうユニットを召喚するのかという駆け引きが加わり、アツい頭脳戦が楽しめるのだ。

プレイヤーが増えれば環境一変?人数分散が残念

WarWest レビュー画像

マッチングは長く、なかなかプレイできない。早く人が増えて欲しい…!

モード・ルール・マップが豊富なことが本作の魅力であることは間違いない。

しかしながら、一方で残念な問題も生み出している。

モードとルールとマップを選んでからマッチングするシステムなので、プレイヤー人数が分散しているようで、全然マッチングできない…。

ゲームそのものはおもしろいので、プレイヤー数が増えるか、マッチングシステムを変えるかすれば環境が変わりそうだけど…それまでツラい…。

ゲームの流れ

WarWest レビュー画像

初プレイ時は、チュートリアルが発生。残念ながら日本語未対応。でも、ビジュアル的に次の操作を示してくれるので、支障なくプレイできるハズ。

基本的に、リソースが貯まったらカードを場にフリックすればOK。

 

WarWest レビュー画像

ゲームをプレイする場合、ホーム画面画面右下の「Play」をタップしよう。ゲームモードを選んだ後、ルールとマップを選ぶとマッチングがはじまるぞ。

デッキを構築する場合、画面上のメニューから「HAND」を選ぼう。

 

WarWest レビュー画像

ソロプレイで選べるゲームモードはる「Siege」と「Assault」の2つ。

「Siege」は自分の拠点が破壊されるまでひたすら敵を倒しまくるというルール。負けてもコインがもらえるので、稼ぐのに向いている。

 

WarWest レビュー画像

「Assault」は敵拠点を破壊するまでのタイムを競うルール。

最後に必ず自分の拠点が破壊されてしまう「Siege」と違い、敵の拠点を破壊してゲーム終了できるので、爽快感がある。

 

WarWest レビュー画像

コインが貯まってきたら、新ユニットを獲得しよう。

基本的にはDamage Per Second(一秒あたりのダメージ量)が多いユニットほど強力だぞ。

 

「WarWest」の序盤攻略のコツはタンク+Sisters編成

WarWest レビュー画像

壁役のユニットと攻撃力の高いユニットをセットで召喚するのが基本。

モード・ルール・マップによって戦略は変わるものの、どのような状況でも共通して使える基本戦略がある。

それは、敵の前に立ち塞がる「タンク」役のユニットと、敵を攻撃するための「ダメージディーラー」を組み合わせて召喚するということ。

序盤のタンクのオススメ!SlaP

WarWest レビュー画像

コストが5と高めだけど、体力の多さから、タンクとして申し分ない「Slap」。

ゲーム開始直後にタンクとして使えるユニットはFarmer「Slap」。

ズバ抜けた体力を持っているため、まさにタンクのためのユニットといえる。

ただし攻撃範囲が狭いので、召喚する際は敵が接近してからにしよう。

ゲームがスタートしたら敵の接近を待ちつつリソースを貯め、まずはFarmer「Slap」を敵の側に召喚するようなイメージで使うのがオススメ。

序盤のダメージディーラーのオススメ!Sisters

WarWest レビュー画像

3体召喚できる上低コストなため、結果的に高火力となる「Sisters」。

ダメージディーラーとしてオススメなのは、Archer「Sisters」。

ダメージディーラー向きと言いつつも、実は「Sisters」は単体での攻撃力はさほど高くない。

けど、一回で3体召喚できる!しかもコスト2。抜群のコスパ!

「Slap」をタンクにして、リソースが2貯まり次第ガンガン「Sisters」を召喚すれば、高確率で敵ユニットを殲滅できるだろう。

レベルアップも「Slap」と「Sisters」優先で行うと、バトルが楽になるぞ。




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.