【スマホゲーム会社の雇用動向】Aiming、2019年6月末の従業員数は6人減の767人…早期退職で次の四半期は大きく減る見通し



【スマホゲーム会社の雇用動向】Aiming、2019年6月末の従業員数は6人減の767人…早期退職で次の四半期は大きく減る見通しAiming<3911>は、第2四半期末(2019年6月末)の従業員数が、前四半期比で6人減の767人だったことを第2四半期(4~6月)の決算説明会資料で明らかにした。内訳を見ると、台湾が3人増えた一方で、経営管理グループが2人減の21人、開発グループが7人減の331人だった。企画運営グループが横ばいの91人だった。次の四半期において、早期退職者が出てくるため、企画運営グループの従業員数が大きく減る見通し。同社の発表によると40名の募集に対して51名の応募があった。さらに台湾についても人員最適化を進めているとのこと。【関連記事】・Aiming、早期退職者の40名の募集に対して51名が応募 特別損失8000万円を計上 中間期の最終赤字の予想を3.33億円→4.13億円に下方修正 [...]

【スマホゲーム会社の雇用動向】Aiming、2019年6月末の従業員数は6人減の767人…早期退職で次の四半期は大きく減る見通し is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.