【ゲーム株概況(8/21)】大量保有報告書による機関投資家の保有割合増加判明でサイバーエージェントが買われる ブシロードが上場来高値を更新



【ゲーム株概況(8/21)】大量保有報告書による機関投資家の保有割合増加判明でサイバーエージェントが買われる ブシロードが上場来高値を更新8月21日の東京株式市場では、日経平均株価は4日ぶりの反落となり、前日比58.65円安の2万618.57円で取引を終えた。イタリアのコンテ首相の辞意表明による政局不安や米中貿易摩擦への懸念で前日の米国市場が売られた流れが国内市場にも波及した。そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、サイバーエージェント<4751>やイグニス<3689>、モバイルファクトリー<3912>などが大幅高した。サイバーエージェントは、大量保有報告書により、三井トラストやJPモルガンが保有割合を増加させていることが明らかになったことが株価の刺激材料となっているようだ。また、ブシロード<7803>が上場来高値を更新し、バンク・オブ・イノベーション<4393>は後場に入ってストップ高した。半面、マイネット<3928>が年初来安値を更新したほか、日[...]

【ゲーム株概況(8/21)】大量保有報告書による機関投資家の保有割合増加判明でサイバーエージェントが買われる ブシロードが上場来高値を更新 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.