【リネージュM】プレイヤーインタビュー第二回!女性から見たリネージュMの魅力とは?



『Lineage M(以下、リネージュM)』のプレイヤーインタビュー第二回です。今回はリネージュMをプレイされている女優「外園ゆう」さんにどのようにプレイされているのかや実生活との両立、女性から見たリネージュMの魅力などを語っていただきました。

リネージュM攻略トップはこちら

「外園ゆう」さんについて

リネージュM第二回プレイヤーインタビュー_1

外園ゆう(ほかぞの ゆう)さん
芸能プロダクションM.M.P所属の女優。NHKの連続テレビ小説「なつぞら」などに出演されている。リネージュはPC版初期からのファン。

自己紹介/リネージュとの出会い

この度はインタビューをお受けいただきありがとうございます!
まずは外園さんの自己紹介も兼ねつつ、リネージュという作品との出会いやリネージュMをプレイするきっかけなどについてお話いただければと思います。

私とリネージュの出会いはPC版のリリース当初くらいまで遡ります。学生時代に3、4年ほど主に君主としてプレイしていました。

当時は「テレホーダイ」を使って朝までプレイして、そのまま学校行ってみたいな生活を繰り返してました。夜寝ないせいで身長が伸びなかった思い出があります(笑)

「テレホーダイ」とは何とも懐かしいワードですね…。
ちなみにそこまでやり込んでいたリネージュを辞められたきっかけなどは伺っても大丈夫ですか?

実は私が遊んでいた当時、PC版ではアカウントハックが横行していまして…。
私も2回ほど乗っ取られたのですが、2回目の時には装備は全て剥がされるわ、ペットは全員失うわと散々な目に合いました…(笑)
それが辞めてしまった理由です。

装備品の収集・強化やペットの育成を特にやり込んでいましたので、今思い出しても悲しくなりますね…。
その点、リネージュMはセキュリティが強固になっているようですので安心してプレイできています。

聞くだけで胸が痛くなるお話です…。
そんなショッキングな理由で辞められたリネージュですが、スマホで遊べるようになると知った時の心境はいかがでしたか?

実はお恥ずかしい話なのですが、発表当時はよく下調べしていなかったため、ここまでPC版のリネージュと同じだとは思っておらず、
事前登録していたはいいもののリリースのタイミングではスタートしていませんでした(笑)

というのも、使用しているスマホの容量が足りておらず他に遊んでいたアプリを消したりと色々準備しなければいけないことが多く…。

リネージュMは3.5GB近くありますからそればかりは仕方がないですね…。

ただ、他の人たちのお話を聞くうちに「あれ?これはただのリネージュなのでは?」とようやく気づきましたので、
某Fから始まる大人気RPGを消したりと急いで準備してプレイを始めました。
結局今はタブレットを購入してそちらでプレイしているんですけどね(笑)

実際にプレイを始めてからはもう嬉しさでいっぱいです。
辞めてはしまいましたが、リネージュのゲーム性や世界観は変わらず大好きでしたので。

今のプレイ状況や目標など

それではいよいよリネージュMのプレイに関するお話など伺わせていただければと思います。

PC版リネージュでは君主として遊ばれていたというお話ですが、
リネージュMではどの職業を選択されているのでしょうか?

リネージュMでも君主をメインにプレイしています。
他にエルフと魔術師(ウィザード)のサブキャラも作っていますね。

レベルは今、君主が63、エルフが61、魔術師が45くらいです。
後から始めたエルフがメインの君主に追いつきそうで少し複雑な気持ちです(笑)

序盤のエルフのレベルの伸びは凄まじいですからね…(笑)
お話を聞く限り、3アカウントともかなりしっかりと育成されている印象ですが、複数の端末で同時操作されているのでしょうか?

今は自宅にいる時はスマホ・タブレット・PCで併行して動かしていることが多いです。
外出先でもほとんど常にスマホとタブレットで放置狩りしていますね。

ただ魔術師だけはINT振りしていることもあって長時間の放置狩りができず、こまめにチェックできる自宅でしか動かしていないです。

STR振りの話なども多少聞いてはいたのですが、PC版時代に「魔術師はINT振り!」刷り込まれていたこともあってついINTに…。

同じようにメインの君主も結構CHAにステ振りしちゃいました。
血盟員もほとんどいないのについ25まで…。

いつか血盟員が増えて報われる日がくると信じましょう…!
ちなみにPC版時代から君主をプレイされ続けていらっしゃいますが何か理由や思い入れなどがあるのでしょうか?

実は一番最初は特に深く考えず、「女君主が可愛いから」という理由で選びました(笑)

女君主_リネージュMインタビュー

ただ実際にプレイを始めてから、君主がいなくなってしまった血盟に新君主として入ったり、
拙いながらも君主として血盟員の皆さんと遊んでいるうちにどんどん愛着が湧いてきまして。

その思い出があったのでリネージュMでも君主を選んで遊ぶことに決めました。

最近のゲーム内エピソード

リネージュMを遊ぶ中で印象的だった出来事などはありますか?

PC版時代からなのですが、メインよりもサブの方がドロップ運が良いのはすごく印象に残っています。

サブでは「希少級製作秘法書(通称:青紙)」が落ちたり、希少級防具の「神官のブーツ」が落ちたりしているのに、
メインの方はさっぱり良いものが落ちず困っています(笑)

オンラインゲームのあるあるではありますが、実際起きると複雑な気持ちになりますね…。

あ、でもメインの方で英雄級(赤)の変身は手に入ったんですよ!
弓攻撃の「警備兵」なのでどうしたものかなとは思っているのですが…(笑)

警備兵弓_SS

間違いなく幸運なはずですが、素直に喜びづらいというか何というか…。
もしかするとハンターボウなど弓装備に切り替えた方が良かったりするかもしれませんね…!

女優業との両立やプレイスタイルなど

先ほども軽くお話に出ましたが、リネージュMは放置狩りの時間も含めて一日どれぐらいプレイされているのでしょうか?

スマホ・タブレットではほぼ常に何かしている状態ですので、ほぼ24時間プレイしているはずです。

仕事の関係もあって直接面倒を見てあげられる時間は少ないのですが、
移動中などに途中でどこか落ち着いてプレイできる場所に行ったりして、こまめにチェックだけはするようにしています。

うまくライフスタイルと折り合いをつけてやり込まれているわけですね。
ちなみに今利用されている狩場はどの辺りになりますか?

基本的に日中は一般ダンジョンで放置狩りしつつ、
体力回復剤不足の通知が来たら村に補充に戻るという流れを繰り返しています。

ACが-70くらいですので、一般ダンジョンは「ギラン監獄4F」、それ以外だと「山賊の巣窟」にいることが多いですね。
長時間放置したい時は”自動進行設定”のできる特殊ダンジョンで放置狩りしています。

お仕事しながらでもプレイできるように不自由さを感じることなどはありますか?

正直特にないです(笑)
オートやログアウトプレイなどPC版に比べればこれ以上なく遊びやすくなっていますし、
3キャラ育てていても何も支障は出ていませんから不自由に感じることや不満などはほとんどありません。

あと個人的にはいろいろなスマホアプリに比べて通信量が少なめなのも嬉しいポイントです。
職業柄、WiFiを繋げない場所でプレイすることが多いので非常に助かっています。

リネージュMの魅力とは?

それではインタビューの最後に外園さんが思うリネージュMの魅力についてお聞かせいただけますか?

私が一番思っている魅力は「一人でコツコツやっていても結果が出るところ」でしょうか。
もちろん他のプレイヤーと協力して遊ぶのもものすごく楽しいんですが、一人でもイベントに参加したり、地道に育成していくだけでもものすごく楽しいです。

あとはランキングも自分の成長を実感するちょっとした目標になりますね。
昨日よりも一つランキングが上がっているだけでも楽しくなれます(笑)

こういったコツコツ地道に長く遊んでいく楽しさが私にとってのリネージュMの魅力です。

ありがとうございます。
ちなみにPC版プレイヤーとして何かリネージュMに実装を期待している要素などはありますか?

ペット機能の実装はものすごく期待しています!
PC版の時にものすごく楽しんだ要素でしたのでぜひリネージュMにもきて欲しいです!

噂によると海外の方では実装されているとか…。
日本にもいずれ実装されるかもしれませんね!

本日はありがとうございました!

本インタビュー内容は2019年7月24日のものとなります。
写真撮影:佐藤直大

インタビュー協力者募集中!

リネージュM_ユーザーインタビュー_募集
現在AppMediaではリネージュMのプレイヤーインタビューにご協力いただける方を募集しております。「我こそは!」という方はぜひ下記メールアドレス、もしくはTwitterのDM(ダイレクトメッセージ)までご連絡ください。

募集要項・注意点

こんな方を募集しています!
・リネージュMの楽しみ方をもっと多くの人に知って欲しい方
・リネージュMの知識量ややり込みに自信のある方
注意点
・氏名、キャラクター名、SNSで使用している名前のいずれかを記事に掲載可能な方に限らせていただきます。
・ご応募いただいた人数によっては、一部の方に限らせていただく場合がございます。

ご応募はこちらから

メールから応募 Twitterから応募

© NCSOFT Corporation. Licensed to NC Japan K.K. All Rights Reserved.




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.