にゃんこ大戦争【攻略】:浮いてる敵対策におすすめのキャラ



『にゃんこ大戦争』には、「浮いてる敵」と呼ばれるカテゴリの敵が存在する。本稿では、浮いてる敵に対する特殊効果を持っているキャラの中で、対策役として扱いやすいキャラをピックアップ。浮いてる敵に苦戦している人は、育成や攻略の参考にして欲しい。

■目次
1.浮いてる敵は種類が多く強敵揃い!
2.浮いてる敵のおすすめ対策キャラ
 └ねこ僧侶
 └ねこ占い師
 └ネコシャーマン
 └ねこ人魚
 └ねこタツ
 └ネコ番長
3.基本的には対策がしやすい!

浮いてる敵は種類が多く強敵揃い!

『にゃんこ大戦争』では、足が地面についていない「浮いてる敵」と呼ばれる敵が存在する。特に、暴風ステージに登場する「サイクロン」シリーズは、浮いてる敵が多い。

また、特徴的な点として、浮いてる敵はほかの属性も持っていることが多い。そのため、「浮いてる敵、かつ黒い敵」などは、黒い敵に強いキャラでも対策できるのだ。

今回は、そんな浮いてる敵に対する特殊効果を持っており、対策役として使いやすいキャラを紹介していこう。

日本編第3章のボスである「ぶんぶん先生」なども浮いてる敵。初心者の最初の壁とも言える敵なので、対策役を用意して戦おう

浮いてる敵のおすすめ対策キャラ

今回は激レアまでのキャラの中で、浮いてる敵の対策役として使いやすいキャラをピックアップ。

超激レア以上に浮いてる敵を対策できるキャラは多いが、入手が難しいので今回は対象外とさせていただいた。

また、浮いてる敵以外にも対応可能なキャラ(ゾンビにも強いなど)と、今後手に入るかわからないコラボなどの期間限定キャラは対象外となっている。

浮いてる敵を対策するなら、優秀な超激レアキャラが揃っている「エアバスターズ」を引くのがおすすめだ

ねこ僧侶

ガチャから排出されるレアキャラ。たまに浮いてる敵の動きを遅くする効果で、敵の進軍を遅らせることができる。

浮いてる敵の中でも移動速度の速い「赤羅我王」などを止める時に役立つ効果であり、序盤から敵が攻め込んでくる時に発動できれば、お金をためる時間が稼げるだろう。

ただし、ねこ僧侶は進化させても攻撃力が低い。あくまでサポート役なので、壁役のあとに出すことを徹底して使おう。

ねこ占い師

ガチャから排出されるレアキャラ。たまに浮いてる敵をふっとばせるので、自陣の拠点に近づかれるのを阻止できる。

「ぶんぶん先生」シリーズの敵などは、攻撃力が高い上に攻撃の間隔が短い。こちらのキャラをどんどん倒しながら進軍してくるため、壁役だけでは止めきれないことも多い強敵だ。

ふっとばす効果は敵の攻撃モーションを中断させつつ、後退させることができるので、自分のキャラや拠点を守りやすい。どうしても止められない場合は採用してみよう。

ネコシャーマン

ガチャから排出されるレアキャラ。たまに浮いてる敵の動きを止めてくれる妨害効果を持っている。

ステータスが低めなので、妨害以外での活躍は難しいものの、敵の動きを止めるのは場面を問わずに使える強力な効果。浮いてる敵は種類も多いので、さまざまなステージの妨害役として採用しやすい。

ただし、高難度のステージではステータスの低さが顕著に現れ、妨害しにくくなっていく。後述している「ネコ番長」のような、激レア以上で動きを止められるキャラが手に入ったら入れ替えていこう。

ねこ人魚

ガチャから排出されるレアキャラ。浮いてる敵にめっぽう強いので、前線で敵を止める役割をこなせる。

たまに生き残る効果で前線維持能力も高く、攻撃力もそこそこあるので扱いやすい。第3形態では範囲攻撃も可能になり、雑魚敵も一緒に処理できるなどの魅力も存在。

ただし、移動速度がかなり遅い。早く前線に参加して欲しいときなどに、すぐ向かうことができないという欠点がある。ある程度敵の動きを予測して、早めに出してあげよう。

ねこタツ

ガチャから排出される激レアキャラ。浮いてる敵に打たれ強く、たまに攻撃力を低下させる効果も持っている。

打たれ強い効果は受けるダメージを大幅に軽減してくれるため、攻撃力ダウンも発動すれば、高い耐久力を発揮できるようになるだろう。

元々の体力も高めであり、壁役としては非常に優秀。攻撃力は低いので、アタッカーを守る役割に徹してもらおう。

ネコ番長

ガチャから排出される激レアキャラ。ネコシャーマン同様に、浮いてる敵の動きを止められる上に、範囲攻撃も可能だ。

体力や攻撃力が高く、敵の妨害をしながらアタッカーにもなれる。範囲攻撃を活かして、雑魚敵の処理などを行ってもらうのが良いだろう。

ただし、コストは少し高め。再生産までの時間も長いため、敵の妨害のみを目的としている場合には採用しにくい。ステージによってほかのキャラと使い分けよう。

基本的には対策がしやすい!

浮いてる敵を対策できるキャラがたくさんいるわけではないが、冒頭で紹介したとおり、対峙している敵がほかの属性を持っているならば、その属性に強い効果を持つキャラでも対策が可能。

つまり、属性対策のキャラも利用できるパターンが多いので、浮いてる敵自体の対策はそこまで難しくないのだ。唯一対策しにくいのは、「浮いてる敵かつ白い敵」。

白い的に強いキャラはごくわずかしかいないため、浮いてる敵に強い特殊効果でなければ対策できない。

そういった敵と戦う場合は、敵の属性を指定しない(どの敵にも強い)キャラを使って対策してくのが良いだろう。

「ウルフとウルルン」など、ドロップキャラでもさまざまな敵に強いキャラは存在する。これらのキャラは汎用性が高いので、基本的には入手しておいたほうが良いだろう

(C)PONOS Corp.




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.