【ゲーム株概況(8/26)】enishが年初来高値を付けるなど異彩高 DeNAは朝安も後場持ち直す 任天堂など大手ゲーム株は軒並み安



【ゲーム株概況(8/26)】enishが年初来高値を付けるなど異彩高 DeNAは朝安も後場持ち直す 任天堂など大手ゲーム株は軒並み安8月26日の東京株式市場では、日経平均株価は3日ぶりに大幅反落し、前日比449.87円安の2万261.04円で取引を終えた。米中の関税合戦への警戒感からリスク回避の動きが広がったほか、為替が一時1ドル=104円台半ばまで円安方向に振れたこともあり、株価も一時下げ幅500円超に達する場面があった。そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、全体市場が軟調な中でenish<3667>が年初来高値を付けるなど異彩高の展開となった。enishは、市場の短期資金が行き場を探す中で、海外要因の影響の小ささや値動きの軽さなどから物色対象として意識されたもようだ。また、週末にARイケメンヴォーカル&ダンスグループ「ARP」のライブイベントが開催されたことなどを材料にユークス<4334>が買われ、ブシロード<7803>やマイネット<3928>、カヤック<[...]

【ゲーム株概況(8/26)】enishが年初来高値を付けるなど異彩高 DeNAは朝安も後場持ち直す 任天堂など大手ゲーム株は軒並み安 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.