【リネージュM】攻城戦について|メリットや注意点



リネージュM(リネM)の攻城戦について紹介しています。攻城戦に参加する際の注意点やメリットなどをまとめておりますのでぜひ参考にしてください。

攻城戦とは?

※ゲーム内で確認できる現段階の情報を元に作成しております。詳しいシステムは8/29(木)20時に予定されている「リネージュM 話せる島通信#5」にて解説される予定です。

血盟vs血盟の大規模PvP戦

攻城戦は血盟同士がぶつかり合い、城を奪い合う大規模なPvP戦です。この「攻城戦」と呼ばれるコンテンツはリネージュMの元となっているPC版リネージュが起源です。

城は全部で3箇所

リネージュM、攻城戦

攻城戦で奪い合うことができる城は「ケント城」、「オーク要塞」、「ウィンダウッド城」の3箇所です。現時点ではそれぞれの城に異なるメリットがあるかどうかは明らかになっていません。

最後に冠を死守した血盟の勝利

攻城戦では”月桂樹の冠”を巡って争います。最初は城主である血盟の君主が所有しており、君主が倒されると倒した血盟の君主に冠が渡り、その血盟は防衛する側になります。城内にいる他の血盟は全て場外へと強制転移させられます。

以下のいずれかの条件を満たすと勝利になります。

勝利条件
①最初に冠を所有している血盟がそのまま30分防衛する
②奪取した冠を20分防衛する

 傭兵になって参加することも可能

宣戦布告した血盟の君主は傭兵を雇用して一緒に戦うことができます。参加した血盟が勝利すれば貢献度によって報酬を獲得できます。

もちろん、敗北してしまった場合は報酬はありません。

貢献度は職業別で集計される

貢献度は①DP蓄積量、②キル数、③受けたDPで集計され、職業別に上位10位以内であれば分配金を、上位3位以内であれば更に褒賞金を獲得できます。

ただ参加すれば良いというわけではないのでご注意を。

傭兵になれるのはLv.65から

傭兵として攻城戦に参加するにはキャラレベルが65以上である必要があります。

詳しい情報は公式生放送で

攻城戦に関する詳しいルールや報酬については8/29(木)に予定されている「話せる島通信#5」にて紹介されるため、最速で情報を得たい方はリアルタイムで視聴しましょう!

攻城戦で得られるメリット

勝利すれば城主になる

攻城戦に勝利するとその城の城主になることができ、税金として集めたダイヤやアデナを獲得できるようになります。また、城税率を変更でき、設定した税率は取引所とNPCの商店に反映されます。

一部費用は帰ってくる

攻城時に勝利すると使用した費用(布告時や移動時など)の一部が支給されます。

2つのショップが利用できる

城主になると戦利品ショップ城内ショップを自由に利用できるようになります。城内ショップはいつでも利用することができ、戦利品ショップは一度も冠を奪われずに防衛した数に応じて商品が追加されますが、詳細は不明です。

新着血盟募集

リネージュMの関連リンク

リネージュM、マンダリンオレンジ左リネージュM攻略トップページに戻るリネージュM、マンダリンオレンジ右

職業情報

君主 騎士 エルフ 魔術師 ダークエルフ
君主_リネージュM ナイト_リネージュM エルフ_リネージュM 魔術師_リネージュM ダークエルフ_リネージュM
▶︎職業はどれがおすすめ?特徴・役割解説はこちら

各種データベース

装備品
武器_リネージュM武器 防具_リネージュM防具 アクセサリー_リネージュMアクセサリー
アイテム系
アイテム_リネージュMアイテム 変身_リネージュM変身 マジックドール_リネージュMマジックドール
その他
スキル_魔法_リネージュMスキル/魔法 モンスター_リネージュMモンスター

お役立ち情報・掲示板

掲示板
▶︎血盟募集掲示板 ▶︎質問・雑談掲示板
初心者向け
▶︎序盤の進め方 ▶︎おすすめの狩場
▶︎血盟について ▶︎サーバー選択の注意点
▶︎ステ振りのコツ ▶︎毎日やるべきこと
▶︎装備の入手・強化 ▶︎デスペナの対処法
▶︎マップ移動のコツ ▶︎放置狩りおすすめ設定
各種お役立ち
▶︎刻印装備箱について ▶︎イベント・キャンペーンまとめ
▶︎ドラゴンのダイヤモンド入手 ▶︎アデナの効率的な集め方
▶︎強化の巻物(DAI/ZEL)の集め方 ▶︎アインハザードの祝福の集め方
▶︎アイテム整理のコツ ▶︎おすすめ課金アイテム
主要システム・用語
▶︎変身 ▶︎マジックドール
▶︎コレクション(図鑑) ▶︎取引所
▶︎ワールドボス(レイド) ▶︎性向
▶︎製作 ▶︎オーバーエンチャント(OE)
▶︎属性強化 ▶︎重量ペナルティ
]




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.