にゃんこ大戦争【攻略】:天使対策におすすめのキャラ



『にゃんこ大戦争』には、「天使」と呼ばれるカテゴリの敵が存在する。本稿では、天使に対する特殊効果を持っているキャラの中で、対策役として扱いやすいキャラをピックアップ。天使に苦戦している人は、育成や攻略の参考にして欲しい。

■目次
1.ほかの属性を持たない厄介な敵!
2.天使のおすすめ対策キャラ
 └ネコノトリ(天空のネコ)
 └たけうまねこ
 └ねこロッカー
 └窓辺の乙女ネコ
3.天使の対策役は少ないので注意!

ほかの属性を持たない厄介な敵!

『にゃんこ大戦争』では、通常の敵(白い敵)と同じ色をしており、頭に天使の輪っかが付いた「天使」と呼ばれる敵が存在する。

天使は単純にステータスの高い敵が多い。また、一部の敵を除いて、基本的に「天使」以外の属性を持っていないため、対策しにくい属性でもある。

今回は、そんな天使に対する特殊効果を持っており、対策役として使いやすいキャラを紹介していこう。

暴風ステージに登場する「サイクロン」シリーズの中で、天使属性を持つ「エンジェルサイクロン」。明らかに浮いてるように見えるが、浮いてる敵属性は付いていないので注意

天使のおすすめ対策キャラ

今回は激レアまでのキャラの中で、浮いてる敵の対策役として使いやすいキャラをピックアップ。

超激レア以上に天使を対策できるキャラは多いが、そもそもの入手が難しいので今回は対象外とさせていただいた。

また、天使以外にも対応可能なキャラ(エイリアンにも強いなど)と、今後手に入るかわからないコラボなどの期間限定キャラは対象外となっている。

ネコノトリ(天空のネコ)

日本編第1章の「山口県」をクリアすると手に入る基本キャラ。第3形態の「天空のネコ」になると、たまに天使の攻撃力を下げる効果が付く。

動きを止めたり、遅くしたりする効果に比べると妨害能力は低いが、単純に受けるダメージを減らせるため、味方全体の生存力を上げられる。

最初に天使対策として用意しやすいキャラなので、天使に苦戦しだしたら、まずは天空のネコゲットを目指してみよう。

たけうまねこ

ガチャから排出されるレアキャラ。たまに天使をふっとばす効果を持っており、敵が自陣の拠点に近づくのを阻止できる。

第3形態になるとふっとばせる確率が上昇し、さらに使いやすさが向上。コストは平均的だが、射程は長めなので、数を増やせれば高確率で妨害できるようになるはずだ。

ただし、全体的にステータスは低い。攻撃力や体力も高いとは言えないため、壁役にしっかりと守ってもらわなければ、何もせずに倒されてしまうことも多いだろう。

ねこロッカー

ガチャから排出されるレアキャラ。超激レア以外では、数少ない天使に打たれ強いキャラなので、対天使の壁役として活躍可能。

さらに、攻撃の間隔が短く、その速度はウシネコと並ぶほど。攻撃力こそ高くないが、素早い連続攻撃でダメージも稼ぎやすいのだ。

対天使であれば壁役もこなしつつ、アタッカーにもなれる優秀なキャラなので、持っていたらぜひ育ててみてほしい。

窓辺の乙女ネコ

ガチャから排出される激レアキャラ。たまに天使の動きを止める効果持ちで、範囲攻撃も可能になっている。

意外にも攻撃力が高く、範囲攻撃なので雑魚敵の処理が得意。妨害効果も発動確率は低くなく、1体でも比較的発動しやすい部類だ。

ただし、射程は短め。敵にかなり接近して戦わなければならないため、相手の方が射程が長い場合、何もできない場面も多い。採用するときは、出現する敵情報を確認してからにしよう。

天使の対策役は少ないので注意!

天使の対策ができるキャラは、「黒い敵」の対策キャラと同様に、コラボや超激レア、期間限定キャラのパターンが多い。

そのため、基本的にはすべての敵を妨害できるキャラ(ウルフとウルルンなど)を使うといいだろう。

もちろん、ネコ缶があるならガチャで超激レアを狙っていくのもアリ。確率は5%と高くないので、11回連続ガチャで確実に超激レアが排出されるキャンペーン中など、入手しやすいタイミングで狙うのがおすすめだ。

超激レアの中には、強力な効果を持った天使対策キャラがたくさんいる。どうしても優秀な天使対策が欲しいならば、ガチャでゲットを狙ってみよう

(C)PONOS Corp.




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.