あらゆるゲームを学習する汎用AIは生み出せるのか、CEDEC2019に向けたモリカトロンの挑戦



あらゆるゲームを学習する汎用AIは生み出せるのか、CEDEC2019に向けたモリカトロンの挑戦チェスや将棋、囲碁といった伝統的なボードゲームで人工知能が人間の能力を完全に凌駕して、早くも数年が経つ。それまで人工知能によるゲーム学習は、ルールベースによるアプローチや大量のデータを必要とする教師あり学習が一般的だった。2017年に誕生したDeepMind社の「AlphaZero」は、完全な白紙状態から自己対局のみによって、それら3つのゲームの戦略を学習し、わずか2時間で将棋、4時間でチェスの世界一に到達した。さらに、自身の前身である世界最強の囲碁AI「AlphaGo Zero」を打ち負かすまでに要した時間は、たったの8時間だった。同年、日本初のゲームAI開発の専門企業として誕生したモリカトロン株式会社は、このAlphaZeroをベースに、完全情報ゲームに限らないゲームへ対応できる汎用型ボードゲームAIの研究に挑んでいる。ゲームという料理に合うAIというワインを選ぶ「AIソムリエ」を謳う[...]

あらゆるゲームを学習する汎用AIは生み出せるのか、CEDEC2019に向けたモリカトロンの挑戦 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.