KADOKAWA筆頭株主の川上量生氏、189万2700株を売却へ KADOKAWAが市場外取引で取得 残りは継続保有の意向



KADOKAWA筆頭株主の川上量生氏、189万2700株を売却へ KADOKAWAが市場外取引で取得 残りは継続保有の意向KADOKAWA<9468>は、本日(8月29日)、発行済株式の2.99%に相当する189万2700株・約30億円を上限とする自社株買いを行う。同社取締役の川上量生氏より一部保有株式の売却したいとの意向を受け、市場に与える影響を低減させ、かつ資本効率の向上を通じた株主還元の充実に繋げられるものと判断し、川上氏から買い取ることにしたという。取得日時は、明日(8月30日)午前8時45分、東京証券取引所の自己株式立会外買付取引(ToSTNeT-3)で取得するとのこと。同社の2019年3月期の有価証券報告書の記載によると、川上氏は、発行済株式の8.77%に相当する568万7000株を保有する筆頭株主となっている。残りの株式については、引き続き保有する意向である旨の連絡を受けているとのこと。[...]

KADOKAWA筆頭株主の川上量生氏、189万2700株を売却へ KADOKAWAが市場外取引で取得 残りは継続保有の意向 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.