【ゲーム株概況(5/17)】マイネットは目先の悪材料出尽くしに 前日S高のメタップスは小反落 ミクシィなど主力株の一角も買われる



【ゲーム株概況(5/17)】マイネットは目先の悪材料出尽くしに 前日S高のメタップスは小反落 ミクシィなど主力株の一角も買われる5月16日の東京株式市場では、日経平均株価は3日ぶりに反発し、前日比121.14円高の2万22838.37円で取引を終えた。為替が1ドル=110円台半ばまで円安方向に振れたことで、主力株を中心に終日買いが先行する展開となった。そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、マイネット<3928>が目先の悪材料が出尽くしたとの見方から大きく買い戻されたほか、ミクシィ<2121>やモバイルファクトリー<3912>、グリー<3632>、エディア<3935>などが買われた。半面、ドリコム<3793>が続落したほか、アエリア<3758>や日本一ソフト<3851>なども連日さえない動きとなった。ほか、前日ストップ高するなど急騰したメタップス<6172>は買いが続かず、小反落となった。■関連銘柄[...]

【ゲーム株概況(5/17)】マイネットは目先の悪材料出尽くしに 前日S高のメタップスは小反落 ミクシィなど主力株の一角も買われる is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.