『モダンコンバット Versus』がアップデート!HUDカスタム機能や60fpsモードが追加



カヤックは、『モダンコンバット Versus』において、本日5月24日(火)にアップデートを実施した。今回は、射撃ボタンやリロードボタンなどを自分の好きな場所に設定できる「HUDカスタム」機能のほか、1秒間に表示する画像数を既存の30枚から60枚へとアップするなど、快適性が大きくアップしている。

待望のHUDカスタム機能が追加!

[以下、リリースより]

株式会社カヤック(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役CEO:柳澤大輔、東証マザーズ:3904、以下「カヤック」)は、ミリタリーガンシューティングゲームファンから圧倒的な人気を誇る『モダコン』シリーズの最新作『モダンコンバット Versus』にて、2018年5月24日(木)にHUDカスタム機能、および、60fpsの滑らか描写モードを追加することを発表いたします。

HUDを自分好みにカスタマイズして、プレイを上達させよう!

HUDカスタムは、自分の好きな場所に射撃ボタンやリロードボタンなどの最大4種のボタンを設定できる機能です。

プレイしやすいように各ボタンの位置をカスタマイズすることで、操作性がさらにアップし、プレイスキルを上達させることができます。

60fpsの滑らか描写モードでスムーズに動く!

fpsとはFrames Per Secondの略称で、秒間フレーム数のことです。

1秒間に表示する画像数を既存の30枚から60枚へと倍にすることで滑らかな描写を実現!コンシューマーゲームのようなプレイ体験が可能となりました!

『モダンコンバット Versus』では、より多くのみなさまに楽しんでご利用いただけるよう、今後も機能追加や改善、イベント開催を行ってまいります。

(C) 2017 Gameloft. All Rights Reserved. Gameloft and the Gameloft logo are trademarks of Gameloft in the US and/or other countries.
(C) KAYAC Inc. All Rights Reserved




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.