リアルワールド、19年9月期の3.7億円の営業赤字 赤字幅拡大 ポイントメディアとクラウドソーシングが大幅減収 5Gに備えた先行投資も



リアルワールド、19年9月期の3.7億円の営業赤字 赤字幅拡大 ポイントメディアとクラウドソーシングが大幅減収 5Gに備えた先行投資もリアルワールド<3691>の2019年9月期の連結決算は、売上高24億7300万円(前の期比42.8%減)、営業損益3億7400万円の赤字円(前の期は営業損益2億7200万円の赤字)、経常損益3億7700万円の赤字(同2億7300万円の赤字)、最終損益は2500万円の赤字(同3億円の赤字)だった。同社では、クラウドソーシングとポイントメディアの売上を大きく落としたことが主な要因だった。他方、5G時代に備えた先行投資も積極的に行ったという。前述の次世代通信規格「5G」の導入により、動画需要が更に高まることが想定されることから、カチコの動画制作事業、デジタルサイネージ事業、動画メディア事業を推進してきた。動画制作事業の展開加速のため9月にはジョイントベンチャー「vivito synC」を設立し、また、3月にマークアイを、9月にノーザンライツを売却し事業の整理を進め、グループ全体の体[...]

リアルワールド、19年9月期の3.7億円の営業赤字 赤字幅拡大 ポイントメディアとクラウドソーシングが大幅減収 5Gに備えた先行投資も is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.