「カードファイト!! ヴァンガード」のカードバトルを楽しめるカードファイトRPG!「ヴァンガード ZERO」レビュー



ヴァンガード ZERO

ヴァンガード ZERO

アニメも挿入されるド迫力のバトルシーン!

大人気TCG「ヴァンガード」がついにアプリ化!ソロでも楽しめるカードファイトRPG!

「ヴァンガード ZERO」は、「カードファイト!! ヴァンガード」の世界観とカードバトルを楽しめるカードファイトRPG。

主人公「先導アイチ」が、カードゲームのカード「ブラスター・ブレード」をきっかけにヴァンガードの世界に魅せられ、数々のライバルたちと出会っていく。

アニメを再現したストーリーモードはソロで遊べる内容で、スマホならではの迫力あるカードバトルが楽しめる。

好きなキャラや家具を自由に配置し自分だけのマイルームを作ることもでき、「ヴァンガード」の魅力をたっぷり堪能していっちゃおう。

カードパックを開封し、ライバルたちと熱いバトルを繰り広げよう!スタンドアップ!ヴァンガード!

さまざまなモードで、基礎から覚えられる本格的トレーディングカードゲーム!

ヴァンガード ZERO

トリガーが発動するかどうか、ちょっとしたギャンブル性もあるバトル。

ルールとしては手札からキャラクターを場に出して、敵を攻撃していくというスタイル。

カードにはグレードがあり、最初にグレード0の先導者(ヴァンガード)のみが場に配置されている。

そこにグレードが上のカードをライド(重ねる)するコトでパワーを強化して戦っていく。

実際のプレイルールはリアルの「ヴァンガード」同様で、トレーニングファイトで各種ルールを覚えていけるので分かりやすい。

対戦はしっかりルールを覚えたころに開放されるので、ストーリーやチャレンジファイトなど、豊富なソロプレイモードで実力をつけていこう。

自分だけのデッキを編成!更に合成でも入手可能なカード!

ヴァンガード ZERO

カードイラストは原作同様の美麗イラストを高画質で楽しめる。

実際のカード同様にカードのコレクションが楽しめるのはもちろん、オリジナルデッキを編成していける。

初心者用におススメデッキの編成もあり、カードが揃っていれば自動で編集してくれる機能も。

また、パック購入でのカード入手以外にも、素材を消費して合成する入手方法もあり、スマホならではの遊び方も楽しめるぞ。

「ヴァンガード ZERO」の魅力は、充実したソロモードやアプリゲームならではの要素!

ヴァンガード ZERO

ストーリーモード以外にも、数々のソロプレイ用モードがそろっている。

TCGといえば対人戦がメインと思われがちだが、本タイトルはソロプレイ用のモードがかなり充実しているのが面白い点だ。

やや複雑なルールを段階を踏んで教えてくれる「トレーニングファイト」や、カード生成などで使える素材を収集しつつアニメのキャラたちとバトルができる「キャラファイト」など、かなりやり込める内容になっている。

設定されたデッキを使って戦っていく「チャレンジファイト」などは、自分の持っていないカードも使えるので現実ではなかなかできないファイトと楽しめるぞ。

美麗イラストのカードを使ったカットインや、アニメも挿入される迫力のバトルシーン!

ヴァンガード ZERO

カードイラストが浮かび上がり攻撃してくれる。

原作のカードと同じ美麗イラストが高画質で楽しめるので、コレクションはリアルと同様にたのしめるぞ。

そんなキャライラストがバトル時には、アニメと同様にカード上に浮かび上がって攻撃するなど、けっこう見ごたえのある戦闘だ。

カットインなどもカッコいいのだが、「ブラスター・ブレード」などの主要キャラクターたちにはアニメーション演出も挿入されるので興奮するコト間違いなし。

マイルームづくりや素材からカードを生成するなど、アプリならではの要素の数々!

ヴァンガード ZERO

ゲーム的にやり込めるシステムがたくさん盛り込まれている。

本タイトルはただカードバトルをするだけでなく、マイルームを作ったり、素材からカードを生成するといったアプリゲームならではのシステムが一押し。

マイルームなどは好きなキャラを配置できるなど、アニメのファン向けの作りだ。

カードパック購入だけではなく、素材からカードを生成するといったやり込みによってカードが入手可能なので益々ソロプレイが熱くなる。

ゲームの流れ

ヴァンガード ZERO

ストーリーはアイチを主人公としたアニメを追体験していく感じ。

ちなみにステージによってはアイチ以外でプレイすることもあるぞ。

 

ヴァンガード ZERO

序盤は順を追ってルールを説明してくれる。

このあとは、「トレーニングファイト」をプレイして基礎を覚えよう。

 

ヴァンガード ZERO

基本ルールを覚えたら、カードをゲットしてデッキを編成してみるべし。

このパック開封の瞬間は、リアルのTCGと変わらないワクワク感があるよな。

 

ヴァンガード ZERO

いろいろなモードをプレイして、戦略を学んでいくといい。

シールドマークが表示されている場合は、そのリアガードを倒さないとヴァンガードに攻撃できないぞ。

 

ヴァンガード ZERO

カッコいいアニメーションが挿入!これで決まり!

白熱のバトルをキミも体験してみよう!

「ヴァンガード ZERO」の序盤攻略のコツ

ヴァンガード ZERO

トリガーの発動も戦略のうち。デッキを管理して戦おう。

攻撃時に引けるトリガーは、自分で設定したカードで発動する。

何に設定して、デッキに残っているかどうかも戦略になるので、しっかりデッキを管理していこう。

たとえ相手を倒せないパワーだったとしても、トリガーが発動すれば勝負はわからないぞ。

「トレーニングファイト」と「チャレンジファイト」をプレイしておこう!

ヴァンガード ZERO

ルールも覚えられるうえ、報酬もおいしい。

序盤はひとまず「トレーニングファイト」を一通りプレイしていこう。

対戦形式のプレイをしたいのはわかるが、ひとまずしっかりとルールを覚えてからの方が無難だ。

できれば「応用」ステージもクリアしていってほしい。

また、「チャレンジファイト」も可能な限り進めて素材を集めておくといいだろう。

課金、ガチャ関連について

カードは「カード生成」などゲーム的に入手するほか、課金アイテム「ジェム」(50個・120円~)で回せる「ファイターズガチャ」でゲットしていく。

「ファイターズガチャ」は、「1回・ジェム100個」で回せて、1回で5枚のカードが排出される。

排出率は、トリプルレアカードが1.67%。ご利用は計画的に!




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.