#コンパス【攻略】: セイバーオルタのおすすめデッキ・立ち回りまとめ【12/19版】



『#コンパス』の『Fate/stay night [Heaven's Feel]』コラボヒーローのひとり「セイバーオルタ」は、初めてタメ具合で攻撃が3段階変化するヒーローアクション(HA)をもつ、全体的に高水準にまとまったアタッカーだ。本記事では、オルタの基本となる立ち回り方やデッキの組み方などをまとめて紹介していく。

『Fate/stay night [Heaven’s Feel]』コラボ実施中!

開催期間:2019年12月8日(日)〜12月22日(日)

  1. ステータス
  2. ヒーローアクション
  3. ヒーロースキル
  4. アビリティ
  5. 基本的な立ち回り方
  6. おすすめ攻撃カード
  7. おすすめデッキ【ランクF~A】
  8. おすすめデッキ【ランクS1以上】
  9. おすすめメダル
  10. コスチュームバリエーション
  11. オリジナルコスチュームはギミックつき!

セイバーオルタの基本ステータス

攻撃倍率 1.45
防御倍率 1.05
体力倍率 0.85
移動速度 乃保、サーティーン【アタッカー時】、メグメグ、めぐみんとほぼ同じ速度
得意攻撃カード 【近】【周】
テーマ曲 she rules the battlefield
MUSIC 梶浦由記
シリーズ Fate/stay night [Heaven’s Feel]
声優 川澄綾子

ヒーローアクション:多段式 突進タメ攻撃

オルタのヒーローアクション(HA)は、忠臣などと似た突進攻撃。

タメ時間によって攻撃射程などが変化するのがオルタならではの特徴で、最大タメ時の攻撃はそれだけで相手をキルできてしまうほど、強力なものになっている。

HAは、操作エリアを長押しすることで繰り出せる攻撃。オルタの前にオレンジ色に伸びたのが攻撃範囲で、指を離すことで攻撃できる

剣の様子や射程範囲の変化で、何段階目かはすぐに判別可能。1段階目にはすぐに移ることができ、約2秒後に2段階目、さらにその約2秒後(合計約4秒後)に3段階目へと移行する

タメ段階に応じて、攻撃モーションや攻撃回数も変わっていく。

2段階目以降の攻撃は非常に強力だが、タメ中はマップも見えない無防備状態になってしまう。周りの状況に注意しながら使うようにしよう。

最大タメ時は3連撃となり、同じデッキレベルの相手なら致命傷レベルのダメージを与えられる攻撃になっている。繰り出したときの爽快感もかなりのものだ!

ちなみに、1段階目の最終攻撃で相手をのけぞらせることができ、2段階目以降の最終ヒットではダウンさせることができる。

操作エリアを長押ししはじめるとすぐに1段階入るため、繰り出しやすい反面、構えてしまうとほぼ確実に繰り出さなければならなくなるので注意。攻撃を外すと、相手に攻撃のチャンスを与えてしまうことにも繋がりやすいため、安易に多用しないようにしたい

各モーションの攻撃倍率

突進時 0.01倍
1撃目 1.6倍
2撃目 2.0倍
3撃目 2.8倍

実際のダメージは「自身の攻撃力×攻撃倍率-相手の防御力」で算出される。相手がガード(ダメカ)を張っていた場合、最終ダメージを割合カットしたダメージが入る計算だ

ヒーロースキル:約束された勝利の剣(エクスカリバー・モルガン)

前方一直線上に、ガードも貫通する確殺級ダメージを与える攻撃。

ヒーロースキル(HS)とは、スキルゲージを最大までタメきることで繰り出せる必殺技のようなもの。

画面下のヒーローアイコンの周囲を囲うように表示されたのが、スキルゲージ。基本的にスキルゲージは、自チームの制圧したポータルエリア内にいることで増えていく。オルタの場合は、相手をキルすることでもゲージ上昇する

ゲージが光って、オルタがオーラをまとったら準備OK。アイコンを上方向に引き上げて指を離せば、HS発動だ

忠臣などの似たような性能をもつHSと比べると、横軸の攻撃範囲が狭いが、長い時間攻撃判定が残るという特徴がある。

この特徴を活用して、相手の進行を妨害するような使い方ができるのが、オルタならではの持ち味となる。

横幅は、ほとんどアダムと同じ

ちなみに、忠臣やアダムのHSと同様に上方向の攻撃範囲が広く、「グレートウォール」の1階から2階に攻撃するといったことも可能だ。

HS詳細データ

攻撃範囲(縦) 約52マス
発動から攻撃開始まで 約4.3秒
発動から演出終了(再行動可能)まで 秒8.6秒

アビリティ:マキリの杯のサーヴァント

敵を倒すたびにHS発動に必要なスキルゲージが増加していくアビリティ。

1度キルすると、約15%スキルゲージがたまる。

相手をキルし続ければ、一切ポータルエリアでゲージためせずともHS発動可能だ!

このアビリティをもつため、オルタは前線で積極的に戦いながらも、スキルゲージをタメきりやすくなっている。

序盤からどんどん攻撃参加して、キルを稼いでいこう。

セイバーオルタの基本的な立ち回り方

セイバーオルタは、相手をキルすることでチームに貢献していくアタッカー。攻撃力が高いだけでなく、移動速度もかなり速く、得意な攻撃カードも多い。

ただ、全体的に高い性能を誇るぶん、他のアタッカーと比べると耐久力が低いので、やられないように気をつけよう。

HAはスタート時に移動手段にも!開幕は自陣2番目のポータルを制圧しよう

オルタは、全体でみてもかなり足が速いヒーロー。

チームのなかでも基本的に前線に駆けつけやすいヒーローのため、バトルがスタートしたら、スタート地点から2番目にあるポータル(B,D)に触れるのが基本になる。

C地点が近い「けっこいスターパーク」やポータルキーの配置が特殊な「光と闇のライブステージ」などは例外。初動の素早さを生かして行動したい

制圧ポータルのエリア内にいれば、スキルゲージをタメつつエリアを拡張できるが、オルタはアビリティでもスキルゲージをタメられるため、エリアに留まるメリットが少ない。

すぐに取られないよう最小限だけ広げたら、最前線に向かってどんどん相手と交戦していこう。

最前線では、最速レベルの移動スピードを誇るスプリンターや、ポータルの防衛を役割とするタンクがしのぎを削り合う。すぐに加勢して、序盤から有利にバトルを展開していきたい

また、スタート地点からの移動は、HAを使ったほうが速く前線に向かえる。

スタート地点の縁から2段階ためたHAを使って、少しでも早く移動するようにしよう。

スタート地点から飛び降りるイメージでHA!段差がある場所では、ただ歩く以上に速く移動できるテクニックだ

ステージ別!初動で狙いたいポータルキー

#コンパス【攻略】: セイバーオルタのおすすめデッキ・立ち回りまとめ【12/19版】
けっこいスターパーク
C地点
#コンパス【攻略】: セイバーオルタのおすすめデッキ・立ち回りまとめ【12/19版】
妖華帝都ケルパーズの散歩道
C地点
#コンパス【攻略】: セイバーオルタのおすすめデッキ・立ち回りまとめ【12/19版】
って~!つっぺる工事現場
自陣1番目(A,E地点)→C地点(地面復活後)
#コンパス【攻略】: セイバーオルタのおすすめデッキ・立ち回りまとめ【12/19版】
その他ステージ
自陣2番目(B,D地点)

一部ステージではHAで段差超えも!

オルタの2段階目以降のHAには、飛び上がるモーションがある。

このモーションをうまく使えば、一部ステージにある低い段差を飛び越えることができ、ショートカットや奇襲に使えるのだ。

予想以上に簡単で、安定して繰り出しやすい。基本的には3段階目を使い、攻撃範囲の先を少し被せるように使うと成功しやすい

ただ、準備なしにバトルで使って失敗すると、味方に負担をかけてしまうことも多い。

しっかりとカスタムバトルで練習に臨んでから、実践するようにしよう。

絶対に覚えておくべきは「光と闇のライブステージ」での段差超え。一度覚えてしまえば非常に簡単なので、ぜひ練習しておこう

慣れると特にHAを生かす機会が多いのが「ちゅら島リゾート」。開幕時はもちろん、B-D間の段差の行き来も可能だ

「けっこいスターパーク」では、スタート地点から2段階目HAを使えば、敵陣側へと奇襲できる

HAを生かしやすいステージ

  • 光と闇のライブステージ
  • けっこいスターパーク
  • ちゅら島リゾート
#コンパス【攻略】: セイバーオルタのおすすめデッキ・立ち回りまとめ【12/19版】

スキを見つけて相手を迎え撃つようにHA!

強力ながら当てることが難しく、スキにもなりやすいHAは、慣れるまでは確実に当てられるタイミングを狙うのがおすすめ。

そのタイミングとは、相手がポータルを制圧していたりダウンしていたりと身動きが取れないときだ。

そのほか、HAタメ中やガンナーの通常攻撃中など、意外と棒立ちになっていて狙いやすいタイミングは少なくない

オルタは長押しすればすぐにHAを繰り出せるので、スキを見つけたらすかさず突進しよう。

例:HAで狙うべき相手のスキ

  • ポータル制圧モーション中
  • ダウン中
  • 味方に向けて攻撃カードモーション中
  • HA中(一部ヒーロー)

また、相手陣営へと突っ込むように使用すると、ターゲット以外の敵からの迎撃を受けやすく、耐久力の低いオルタはやられてしまいかねない。

基本的には、相手が向かってくるのを迎撃する形で使うのがおすすめだ。

味方がポータル制圧しているときなどが狙い時。動いている敵を狙いたい場合、相手の動きが予想できるタイミングを狙ってみよう

基本的に攻撃カードも同じく、相手を追うように使っても当てることは難しい。

HAと同じように、相手が立ち止まったタイミングや近づいてきたところを見計らって使うようにすると、グッと当てやすくなるはずだ。

例えば、相手がHAを空振りして動けないときや、味方のポータル制圧中などが狙い目。状況を考えて使うだけでずっと当てやすくなるはずだ

HSは相手のHS消費&通路ふさぎ&HS合わせに!

発動から攻撃開始までに若干の待ち時間が発生するものの、攻撃判定の持続時間が長いHSは非常に強力で、さまざまな場面で有効に働きやすい。

通り過ぎた後の電撃のようなエフェクトにも攻撃判定が残っており、相手としてはいつ安全になるかがつかみづらいのも強力なポイント

基本的に、オルタのHSに対処するには範囲外に避難するか、HSを発動するしかない。

そのため、序盤にたまり切ってしまえば、多くの相手に対処しづらい攻撃となり、終盤に強力なHSで逆転を狙うヒーローに無理やりHS発動させることで、逆転の芽を摘むことなどに活用できる。

また、通路をふさぐように使うのも、簡単かつ有効。味方のポータル制圧の援護などに利用していこう。

攻撃判定が非常に長いため、一部HSでは後出しで発動しても対処しきれないことも。「グレートウォール」や「立体交差のある風景」では、通路を覆うように使うHSが非常に強力!

さらに、オルタよりHS演出が長い相手には、無敵演出明けを狙ってキルしてしまうのもアリ。

ほかのヒーローに比べ攻撃判定が長く、当てやすい。

おすすめ攻撃カードは【近】カード&【周】カード!

『#コンパス』には、4種類の攻撃カードが存在する。ヒーローには、それぞれの攻撃カードとの相性があり、同じ攻撃カードでもヒーローによって繰り出しスピードには差がある。

オルタは【近】や【周】と書かれたカードと相性がよく、スキを最小限に攻撃できる。

【近】攻撃は攻撃倍率が高いため、一撃のダメージが大きくなりやすく、キルにつながりやすい

【周】攻撃は、【近】攻撃と比べるとダメージが少なくなりがちだが、攻撃範囲が広く、複数人を巻き込みやすいのが持ち味だ

攻撃カードの発動時間目安

攻撃種類 類似ヒーロー
#コンパス【攻略】: セイバーオルタのおすすめデッキ・立ち回りまとめ【12/19版】 #コンパス【攻略】: セイバーオルタのおすすめデッキ・立ち回りまとめ【12/19版】
#コンパス【攻略】: セイバーオルタのおすすめデッキ・立ち回りまとめ【12/19版】 #コンパス【攻略】: セイバーオルタのおすすめデッキ・立ち回りまとめ【12/19版】
#コンパス【攻略】: セイバーオルタのおすすめデッキ・立ち回りまとめ【12/19版】 #コンパス【攻略】: セイバーオルタのおすすめデッキ・立ち回りまとめ【12/19版】
#コンパス【攻略】: セイバーオルタのおすすめデッキ・立ち回りまとめ【12/19版】 #コンパス【攻略】: セイバーオルタのおすすめデッキ・立ち回りまとめ【12/19版】

また、攻撃カードには、大きなダメージを与えられる「通常系」のものと、与えられるダメージが少ないが状態異常を付与するなどできる「特殊系」の2種類に分かれる。

高い攻撃倍率が武器でキルを稼ぎたいオルタには、通常系のほうが相性がいいので、持っているカードから大きなダメージを出せるカードを選んでいこう。

【近】など攻撃カードの種類を示す文字だけが入ったカードと【貫】や【破】の文字が入ったカードが比較的ダメージを稼ぎやすいカードになる

セイバーオルタのおすすめデッキ【ランクF~A】(レアリティSR以下)

ランクアップするたびに少しずつ解放されていくカードのなかから、比較的に入手しやすいレアリティSR以下のカードに絞って、おすすめのカードを使ったデッキをタイミングごとに紹介。

得意な【近】カードが、はじめから入手できるので、初心者でもデッキが組みやすいのがオルタの特徴だ。

【周】カードも得意なオルタだが、SR以下の攻撃系【周】カードには優秀なカードが少ないため、終始【近】カード主体のデッキを紹介している。

  1. Fランク(はじめから)
  2. Eランク到達後
  3. Dランク到達後
  4. Bランク到達後

Fランク(はじめから)

  • 衛宮士郎(前方小ダメージ攻撃【2.5倍】+ダメージの70%ライフ吸収)
  • 楽団員 サンバール(前方に水属性の中ダメージ攻撃【3.0倍】)
  • 警備ロボ Guardoll-4771(10秒間 被ダメージを40%減らす)
  • 雨霊の加護 ウィネバ(自身のライフを30%回復)

レアリティSR以下のFateコラボカードを採用したデッキ。得意の【近】カードである衛宮士郎やサンバールで強烈な一撃を加えて、どんどんキルを狙っていこう。

ウィネバは回復量が乏しく、回復カードとしては物足りないので、Eランク到達で解放されるレアリティSR以上の【癒】カードを入手したら、すぐに入れ替えよう。

オルタを入手する過程で、コラボURカードの「【Fate/stay night[HF]】舞い散る桜」を入手できていたら、即刻デッキに採用してOK。回復量が恒常のUR【癒】カードには劣るものの、発動時間「無」でスキを最小限に使えるという希少的な持ち味があるカードだ

Eランク到達後

  • 衛宮士郎(前方小ダメージ攻撃【2.5倍】+ダメージの70%ライフ吸収)
  • 楽団員 サンバール(前方に水属性の中ダメージ攻撃【3.0倍】)
  • 警備ロボ Guardoll-4771(10秒間 被ダメージを40%減らす)
  • 聖女の守り手 黒猫リリィ(自身のライフを60%回復)

すぐに到達できるEランクでは、S1ランク以上になっても愛用することが多い【癒】カードが多く入手可能になる。

リリィと「楽団員 アルプ」はまったく同じスキルをもつが、カードステータスに着目すると、攻撃値がリリィのほうが高い。

相手をキルすべく少しでも攻撃力アップさせたいオルタにとっては、リリィのほうがおすすめだ。

運良くUR【癒】カード「魂を司る聖天使 ガブリエル」を手に入れられたら、優先してエナジーで強化していこう。多くのプレイヤー・ヒーローが最後までお世話になるであろう【癒】カードだ

Dランク到達後

  • 衛宮士郎(前方小ダメージ攻撃【2.5倍】+ダメージの70%ライフ吸収)
  • 楽団員 サンバール(前方に水属性の中ダメージ攻撃【3.0倍】)
  • アイちゃんのオススメ防弾パーカー(10秒間 被ダメージを45%減らす)
  • 聖女の守り手 黒猫リリィ(自身のライフを60%回復)

Dランク到達で、警備ロボの上位互換となるアイちゃんが入手可能になる。

また、レアリティURとなるが、オルタなら絶対に使いたいカードも解放される。

URカードだが注目したいのが、大ダメージを見込める【近】カードで現状最強ともいえる「機航師弾 フルーク・ツォイク」。攻撃倍率は3.8倍でステータスも攻撃寄りと、文句なしの性能を誇るカードだ

Bランク到達後

  • 楽団員 サンバール(前方に水属性の中ダメージ攻撃【3.0倍】)
  • 死献薬 シュタルク・トート(前方の敵にガードブレイク攻撃【ブレイク成功時:2.5倍】)
  • 帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー(10秒間 被ダメージを50%減らす)
  • 聖女の守り手 黒猫リリィ(自身のライフを60%回復)

Bランクに到達すると、厄介なダメカを破壊できるガードブレイク攻撃が解放される。

【近】カードの得意なアタッカーには欠かせないカードといっても過言ではないので、シュタルクでひとまず試してみてほしい。

Dランク解放のフルークと並ぶ人気UR【近】カード「反導砲 カノーネ・ファイエル」がこのタイミングで入手可能に。ガードブレイク成功時の攻撃倍率は4.0倍とフルークを凌ぐほど!

また、紹介デッキでは全カードが水属性になってしまう。

木属性の相手に攻撃されると弱点ヒットされ続けてしまうことになるので、サンバールやリリィを同スキルの別属性カードに入れ替えるのがおすすめだ。

セイバーオルタのおすすめデッキ【ランクS1以上】

先行プレイから考える、全恒常カードとFateコラボカードを使ったおすすめデッキを紹介。

いろいろな【近】カードや【周】カードを試して、ベストな構成を考えていこう。

フルカノ型

  • 機航師弾 フルーク・ツォイク
  • 反導砲 カノーネ・ファイエル
  • 帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー
  • 魂を司る聖天使 ガブリエル

【近】カードを得意とするヒーローでは、おなじみのデッキ構成。フルークとカノーネを使い分けることで、相手のガード(ダメカ)展開の有無に関わらず、大ダメージを与えられるのが特徴だ。

【近】カードは、もう1つの得意攻撃である【周】カードと比べるとカードの攻撃倍率が高く、オルタのアビリティも生かしやすいだろう。

個人的には、【防】カード枠は「楽団姫 ディーバ」のほうが使いやすい印象だが、人気が高いのはイェーガー。ディーバは、ガードの展開時間が短いため、ガードブレイク攻撃を受けづらくなり、カードの攻撃値も高い

【周】カード搭載型

  • 機航師弾 フルーク・ツォイク
  • *絢爛の美* ボラ&アルヒコ&アペイロン(緑号令)
  • 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK
  • 【Fate/stay night[HF]】舞い散る桜

もうひとつの得意攻撃カードである【周】カードを採用したデッキ。

一見ステータスやスキル的には合わなそうな緑号令だが、スタン中に2段階タメたHAで追撃することができ、搭載すると想像以上に立ち回りやすくなる。

ただ、ガードを張られた相手に対応しづらくなってしまうのが、この構成の欠点だ。

舞い散る桜は「ハイカラ盟友忍者 -壬生咲みみみ-」と同じく、発動時間「無」で発動できるというメリットをもつ【癒】カード。

全天のような発動時間「短」の【防】カードと相性がよく、連切りの起点にすることでピンチをしのぎやすくなる。

それ以外の【周】カードだと「グラナート」がおすすめ。カノーネと同じくガードへの対抗手段となり、複数人を巻き込みやすい

コラボカード特化型

  • 衛宮士郎
  • 【Fate/stay night[HF]】狂戦士の咆哮
  • 【Fate/stay night[HF]】lost butterfly
  • 【Fate/stay night[HF]】舞い散る桜

コラボカードのみで構成したデッキ。相手がガードを張っていないタイミングを見逃さず、士郎や狂戦士の咆哮でキルを狙っていこう。

ただ、どちらも攻撃倍率が人気攻撃カードと比べると劣り、決定的な場面でキルには至らないことも少なくないはず。

バトルを進めていって、さらに強力な攻撃カードをゲットしたら、どんどん入れ替えていこう。

デッキ例の代用カード

カード名 代用カード名
 #コンパス【攻略】: セイバーオルタのおすすめデッキ・立ち回りまとめ【12/19版】 機航師弾 フルーク・ツォイク  #コンパス【攻略】: セイバーオルタのおすすめデッキ・立ち回りまとめ【12/19版】 【SR】楽団員 サンバール
 #コンパス【攻略】: セイバーオルタのおすすめデッキ・立ち回りまとめ【12/19版】 【SR】操宴軍馬 ベディーネン・パンツァー
#コンパス【攻略】: セイバーオルタのおすすめデッキ・立ち回りまとめ【12/19版】 【SR】一撃必殺 ブラストアッパー
 #コンパス【攻略】: セイバーオルタのおすすめデッキ・立ち回りまとめ【12/19版】 【N】祭りのお供!手持ち花火
#コンパス【攻略】: セイバーオルタのおすすめデッキ・立ち回りまとめ【12/19版】 【N】ドリーム☆ステッキ
 #コンパス【攻略】: セイバーオルタのおすすめデッキ・立ち回りまとめ【12/19版】 【N】血塗れチェーンソウ
#コンパス【攻略】: セイバーオルタのおすすめデッキ・立ち回りまとめ【12/19版】 反導砲 カノーネ・ファイエル  #コンパス【攻略】: セイバーオルタのおすすめデッキ・立ち回りまとめ【12/19版】 【R】死献薬 シュタルク・トート
 #コンパス【攻略】: セイバーオルタのおすすめデッキ・立ち回りまとめ【12/19版】 帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー  #コンパス【攻略】: セイバーオルタのおすすめデッキ・立ち回りまとめ【12/19版】 【UR】楽団姫 ディーバ
#コンパス【攻略】: セイバーオルタのおすすめデッキ・立ち回りまとめ【12/19版】 【R】アイちゃんのオススメ防弾パーカー
 #コンパス【攻略】: セイバーオルタのおすすめデッキ・立ち回りまとめ【12/19版】 【N】警備ロボ Guardoll-4771
 #コンパス【攻略】: セイバーオルタのおすすめデッキ・立ち回りまとめ【12/19版】 魂を司る聖天使 ガブリエル  #コンパス【攻略】: セイバーオルタのおすすめデッキ・立ち回りまとめ【12/19版】 【SR】聖女の守り手 黒猫リリィ
 #コンパス【攻略】: セイバーオルタのおすすめデッキ・立ち回りまとめ【12/19版】 【SR】楽団員 アルプ
#コンパス【攻略】: セイバーオルタのおすすめデッキ・立ち回りまとめ【12/19版】 【R】雨霊の加護 ウィネバ
 #コンパス【攻略】: セイバーオルタのおすすめデッキ・立ち回りまとめ【12/19版】 【R】保健室の救急セット
#コンパス【攻略】: セイバーオルタのおすすめデッキ・立ち回りまとめ【12/19版】 ∗絢爛ノ美∗ ボラ&アルヒコ&アペイロン  #コンパス【攻略】: セイバーオルタのおすすめデッキ・立ち回りまとめ【12/19版】 【SR】電撃ロボ Eledoll-115
#コンパス【攻略】: セイバーオルタのおすすめデッキ・立ち回りまとめ【12/19版】 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK #コンパス【攻略】: セイバーオルタのおすすめデッキ・立ち回りまとめ【12/19版】 【UR】【Fate/stay night[HF]】lost butterfly
#コンパス【攻略】: セイバーオルタのおすすめデッキ・立ち回りまとめ【12/19版】 【Fate/stay night[HF]】狂戦士の咆哮  #コンパス【攻略】: セイバーオルタのおすすめデッキ・立ち回りまとめ【12/19版】 【UR】妖軍一統 ゲネラール

セイバーのおすすめメダル

オルタは、【近】カードや【周】カードを武器にしてキルを稼いでいくアタッカー。

そのため、メダルではより相手と距離をつめやすくなる「移動速度アップ」や、一撃の威力が高まる「攻撃力アップ」がおすすめだ。

メダル おすすめポイント
#コンパス【攻略】: セイバーオルタのおすすめデッキ・立ち回りまとめ【12/19版】
移動速度アップ
  • 相手に接近しやすくなる
  • 相手の攻撃を回避しやすくなる
#コンパス【攻略】: セイバーオルタのおすすめデッキ・立ち回りまとめ【12/19版】
攻撃力アップ
  • 攻撃カードなどでキルしやすくなる

コスチュームバリエーション

オリジナル

ドレスVer.

オリジナルコスチュームはギミックつき!

オリジナルコスチュームのオルタは、ホーム画面では素顔を見せているが、バトルには「バイザー」で目を隠した状態で出撃する。

バイザーは一度やられると外れるので、狙わずとも素顔が見られることがあるだろう。

(C) NHN PlayArt Corp.
(C) DWANGO Co., Ltd.
(C) TYPE-MOON・ufotable・FSNPC




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.