世界中の人々は魔法少女になってしまった!驚愕の世界観と建物を破壊するのが楽しい美少女RPG「魔法ショウジョ(Magic Burns 9 Times)」レビュー



魔法ショウジョ(Magic Burns 9 Times)

魔法ショウジョ

世界中の人々は魔法少女になってしまった。←え?

老若男女、誰でも魔法少女になるRPG

「魔法ショウジョ」(Magic Burns 9 Times )は、老若男女が魔法少女になってしまったという驚愕の世界設定がおもしろすぎるRPG。

誰もが魔法少女になり、町の人々を集めて、魔物を倒す。なんとも投げっぱなしジャーマンなストーリーだ。

おっさんもジジイも魔法少女になれる。この衝撃はかなりのもの。ある意味では、どこまでも自由なRPGと言えるだろう。

最強の少女戦隊をつくるRPG(おっさん可)

魔法ショウジョ

男だって、オタクだって、魔法少女になっていいんだ!

フィールドを移動し、建物を破壊し仲間を集め、魔物と戦っていく。属性を把握して戦えば有利になり、陣形やスキルなどを吟味する戦略/育成要素を実装している。

中国銀行、台北駅、東京タワーなど有名な建物を解体する、「キングオブモンスターズ」のような面白さも感じた。

キャラクターは予想外にかわいく、イラストにはセンスもある。おっさんのすね毛には哀愁も感じる。

なんというか、誰もが戦士になれる、優しいゲームなもかもしれないな。

「魔法ショウジョ」の特徴は誰でも魔法少女になれるダイバーシティ(多様性)

魔法ショウジョ

個人的にはこの裸のシルエットがセーラームーン感あって好き。

「僕と契約して、魔法少女になってよ」とそそのかすアニメからもはや10年。まどマギ感あるオープニングだけでも見る価値あり。

そしてなにより、美少女だけじゃなく、おばさんやおっさんも魔法少女になる演出が強烈だ。

(厳密には強制的にさせられるのだが…)

おっさんやおばさんたちの変身した姿は笑えるネタかもしれない。だが、誰もが魔法少女になれる、という主張には心に訴えかけるものを感じる。

多様性の時代だと叫ばれて久しい、2020年ならではのRPGなのかもしれない。

ドット絵のフィールドを彷徨う独創性あるバトル

魔法ショウジョ

街を破壊するバトル、もうひとひねりほしかったかな。

バトルは街をタッチ移動でさまよい、仲間を集めて敵と戦う。オートバトルやガードに相当する「絶対領域」、陣形を変えて被弾を避ける機能もある。

もちろん翻訳がテキトーとか、結局は強化を繰り返さないと勝てないバランス、ガチャの渋い排出率など、もったいないところはたくさんある。

それでもこのインパクトを、この世界の片隅に記述しておきたいと強く思ったのだった。

ゲームの流れ

魔法ショウジョ

なんと言うかセーラームーンのようでありまどかマギカであるようなオープニング。

日本のアニメカルチャーが海外にまで浸透したんだなあとしみじみ見ました。

 

魔法ショウジョ

強烈なメテオ発動!スキルはキャラをタッチね。

基本的にバトルは建物を壊し、仲間を集める→敵と戦うのルーティンになる。

 

魔法ショウジョ

仲間が増えていく!ってこの子は犬!そう、性別はおろか、種族すらも超越して魔法少女になれるのだ。

ところでどうしてこんなに魔法少女が増えてしまったかって?それは驚愕のオープニングを見てほしい。ネタバレしない範囲で流れを追っているのだよ。わたしゃ。

 

魔法ショウジョ

ドロップした装備を集めてステータスをアップさせた!

なんとなく携帯やゲーム機のデザインが古いのがまたいい。

 

魔法ショウジョ

まだまだ複雑怪奇な育成要素が実装している。

ネタゲーとして楽しむも、多様性の世界に一石を投じる作品として鑑賞するもよし。

「魔法ショウジョ」の序盤攻略のコツ

魔法ショウジョ

無敵の杖で何とかして下さいよォって…仗助かよ。

まずはステージ5くらいまでクリアすれば3回ガチャが引ける(渋い)。美少女がでなくてもくじけるな。むしろ本作ではそっちがメインだと思ってくれ。

たまに光っている建物があり、それを破壊するとバフ効果が得られるアイテムが落ちている。

レベル上げ→強化→武器装備のルーティンをこなしたら、課金要素である「宝石」やレアリティ上げに着手していくといいだろう。

とりあえずは周回プレイが基本

魔法ショウジョ

「魔法ショウジョ」少女がカタカナなのがキモなのかもな。

ボスに適切な属性のパーティを配置するのがコツ。といっても序盤では属性を加味するほどパーティが揃わないだろう。

キャラはガチャのほか通常バトルをしてもドロップするので、根気よく戦えば色々なキャラが集まるぞ。好みのキャラや爆笑を誘うおっさんも登場するぜ。

まずは各種ミッションをこなしてジェムを稼ぎつつ、オンラインのフレンドの力を借りて戦闘をこなしていこう。しかし不思議な世界観だなあ。




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.