アニメ制作大手のサンライズ、18年3月期の最終利益は横ばいの29億円



アニメ制作大手のサンライズ、18年3月期の最終利益は横ばいの29億円バンダイナムコグループの大手アニメ制作会社であるサンライズの第42期(2018年3月期)の決算公告を本日(5月31日)付の『官報』に掲載しており、最終利益は前の期に比べてほぼ横ばい(0.8%減)の29億0400万円だったことがわかった。前の期の実績は29億2800万円だった。同社は、バンダイナムコホールディングスのIPクリエイションユニットの主要企業の一つとして、アニメーションの企画・制作および著作権・版権の管理・運用を行っている。 またサンライズ出版の第16期(2018年3月期)の最終利益は同11.0%減の4億2600万円だった。同社はサンライズとバンダイナムコピクチャーズを中心としたアニメ作品に係る音楽制作、楽曲および原盤の管理・運用を行っている。 [...]

アニメ制作大手のサンライズ、18年3月期の最終利益は横ばいの29億円 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.