ギークス、大型の新規タイトルの開発を受注



ギークス、大型の新規タイトルの開発を受注ギークス<7060>は、第3四半期の決算説明会資料で、大型新規タイトル1本を受注したことを明らかにした。タイトルと開発規模については非公開となっている。同社のゲーム事業については、スマートフォンゲームなどの受託開発のみとなっており、今後、新規大型タイトルの開発状況に応じて、資産計上、そして、売上と利益が計上されるものとみられる。同社では、ゲーム運営の受託業務から得られる「ストック売上」と、新規タイトルなどの開発受託の収益を示す「フロー売上」の2種類に分けており、新規大型タイトルの売上については後者に計上されるものと見られる。 ▲ゲーム事業の売上高の推移。ストック売上とフロー売上については何らかの注釈がないと、初めて見た人は何を意味しているのか、理解できないのではないか。なお、ゲーム事業の第3四半期累計の売上高は14億1900万円で、通期計画17億5000万円に対する進[...]

ギークス、大型の新規タイトルの開発を受注 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.