【パズドラ】火力+妨害=安定勝利!?「エンハ型アンドロメダ」編成解説! 【パズバト】



今回ご紹介する編成はシーズン3「烈空を翔る紅翼」対応の「エンハ型アンドロメダ」です。


「エンハ型アンドロメダ」編成解説

元より高い対応力を持つリーダーにエンハンスループをピックし、今まで以上の安定感に合わせ、より幅広い相手を見れるようになった編成となっています。


▼覚醒スキル一覧


【編成】

リーダー:
敬愛の星海神・アンドロメダ(25,000G)

モンスター:
砲瓶の鋼星神・シェアト(75,000MP)
蒼天夜龍・ニライカナイ(構築済みチーム購入「アンドロメダ」で入手+12,500MP/25,000MP+12,500MP)
蒼覇王・カイゼルジークフリート(10,000MP+5,000MP)
海角の大賢龍・メルクリア(構築済みチーム購入「アンドロメダ」で入手/10,000MP)
学園の狂騒龍・ヤマタノオロチ(75,000MP+37,500MP)

※モンスター購入分と、スタイル変更(+○の数値)にかかるポイントになります。

作成コスト:
25,000G
215,000〜250,000MP

リーダー「敬愛の星海神・アンドロメダ


スキルは「スプラッシュブレス」。後述の「ニライカナイ」「学園オロチ」と組み合わせて、確実な送りつけを刺していきます。「ニライカナイ」だけでもある程度の送りつけはできますが、より確実性を求めるため、「スプラッシュブレス」をチョイス。

モンスター「砲瓶の鋼星神・シェアト


アンドロメダの「水の2コンボ以上」の条件達成を大きく支えてくれる1体。ドロップ確保の他、火力確保・UR枠確保も同時にこなしてくれるため、どんな形に組み替えようともぜひ編成しておきたいモンスターとなります。

モンスター「蒼天夜龍・ニライカナイ


「学園オロチ」「アンドロメダ」と合わせ、相手の盤面に水ドロップ『20個』を送り付けてリードを狙います。上述の通り、送りつけの個数が単体でも多いため、相手の盤面や必要色によっては「アンドロメダ」「ニライカナイ」の一方で留めておくのもあり。

モンスター「蒼覇王・カイゼルジークフリート


エンハンスループの1体。スタイルAであればドラゴンキラーを『2個』持つため、圧倒的に倍率のかかる火力要員になることも可能。ただし、現環境ではドラゴンタイプリーダー自体が比較的少ないため、今回はスタイルBでスキルブーストを稼いでいます。

モンスター「海角の大賢龍・メルクリア


同じくエンハンスループの1体。「ジーク」でスキルブーストを稼いだ分、こちらをスタイルAに変更することで毒・暗闇耐性を付与。「アンドロメダ」の元より高い対応力に拍車を掛ける構成です。

モンスター「学園の狂騒龍・ヤマタノオロチ


「アンドロメダ」「ニライカナイ」の送りつけを、ロック解除でより確実に通すための1体。ロック解除で相手の送りつけ対策を無効化するだけでなく、「アンドロメダ」「ニライカナイ」の発動タイミングをずらしスキル枚数で有利を取ることで、より安全に送りつけを飛ばすことができます。

調整ポイント

送りつけでの妨害でリードを稼ぐのはもちろんのこと、エンハンスで火力を伸ばし、リードを奪われないようにするのがこの編成。そのため、調整できる枠は非常に少なく、『1枠』となっています。

ロック解除は必須ではない

この編成唯一の調整枠が「学園オロチ」。あるに越したことはないですが、いなくともスキルの読み合いをくぐり抜けられるならば、送りつけを通すことは可能です。
やや立ち回りは難しくなりますが、「宿志の青龍契士・リューネ」をピックして火力と妨害の両面を強化したり、「占命星雲神・ヌト」でロック対策をしたり。1枠調整することで、多種多様な動きを取ることができます。



ただし、「学園オロチ」をピックすると、ロック解除ができる・スキル枚数を増やせる点で、読み合いが非常に楽になります。また、現状バインドが刺さりやすいため、妨害として非常に優秀な動きが可能。
そのため、安定して勝利を取りたいと考えるならば、「学園オロチ」はある種安パイとも呼べるオススメの1体です。

送りつけを減らしてギミックを取る

今回は送りつけでのリードをより確実に取るため、送りつけられるドロップの数が多い「ニライカナイ」を採用しています。
しかし、この枠を「氷塊龍・デプスプレシオス」に変えることで、送りつけの確実性こそ下がりますが、盤面ロックで相手の後続を潰すことが可能です。おまけに自身の盤面にも水を生成できるため、攻撃倍率をほぼ確実に最大まで引き出すことができます。


この編成においての送りつけの重要性は言わずもがな。そのため、調整こそ不可能ではないですが、できる限り「ニライカナイ」をオススメします。

大まかな立ち回り

注意すべきは送りつけのタイミング

この編成においての最重要項目は、相手に送りつけを刺すことです。
単色パーティな上、パズルが特殊なこともあり、判定勝負に入るとかなり厳しくなってしまいます。そのため、送りつけが刺さる刺さらないは、実質勝敗に直結するわけです。

「学園オロチ」でスキル枚数を増やせる、ロックを無効化できるとは言え、その後から盤面ロックや陣を使われる可能性があります。その可能性が少しでもある以上、常に相手の盤面・スキル状況を見て、送りつけを使うタイミングを読んでいきましょう。

L字はどの色でも発動可能

L字消しでのリーダースキルは「ドロップの5個L字消し」。編成しているモンスターの属性によらず発動が可能。毒ドロップのL字消しですら倍率がかかります。
そのため、L字消しは無理なく組みやすい色で組む、もしくは「5個余るドロップ」を使って組む。あくまで「水2コンボ」を組みつつL字消しを組めるようにしていきましょう。

a48765cb4682ba46ed583d50ef86ed5e_400x400 パズドラくん(@pdkun
紹介しておいてなんですが、どう対策してやろうかと日々悩んでおります。




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.