新型コロナウイルス接触確認アプリ、6月中旬リリースへ。15分以上の接触で通知



新型コロナウイルス接触確認アプリ』が6月中旬にリリースされます。

厚生労働省から新型コロナウイルス接触確認アプリがリリースへ


厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症対策テックチームと連携した『新型コロナウイルス接触確認アプリ』を6月中旬にリリースすると発表しました。

『新型コロナウイルス接触確認アプリ』は、アプリインストール&Bluetooth通信をオンにしているユーザーの接触情報を記録するアプリです。

新型コロナウイルスの陽性者と半径1メートル以内で15分以上接触していた場合、その情報がアプリをインストールした人に通知され、症状に応じて病院での受診ができるようになるとのこと。

通知は限定的になる可能性も

ただし、『新型コロナウイルス接触確認アプリ』はアプリをインストールしなければ使えませんし(利用規約の同意も)、Bluetoothがオフの状態でも使えません。

また、PCR検査で陽性になった人が「陽性でした」という情報をアプリに入力しないと通知がされないため、入力できる健康状態じゃない場合も通知が届きません。

とは言え新型コロナウイルスに感染した可能性がある状態のときに、なるべく早く保健所のサポートを受けたい人はアプリをインストールしておくと良いでしょう。

アプリは6月中旬リリース予定のため、まもなくリリースされるはずです。

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

※画像は「厚生労働省」より




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.