【インタビュー】グリー、住友商事、米Ellationにきく北米ゲーム展開のゲームの手応え…共同パブリッシングを生かしたその成果に迫る



【インタビュー】グリー、住友商事、米Ellationにきく北米ゲーム展開のゲームの手応え…共同パブリッシングを生かしたその成果に迫るグリー、住友商事、米Ellationは『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか~メモリア・フレーゼ~』を北米にてリリースした。(関連記事)本タイトルは、住友商事が2016年から、米Ellation(日本アニメ等の日本発コンテンツを提供する配信サイト「Crunchyroll」を運営)との協業を開始し、2018年3月29日に第一弾として、グリーと協業でリリースされた作品となる。ゲーム制作に強みのあるグリーがゲームの企画・開発・運営を、Crunchyrollに日本アニメのコアなファンを数千万人規模で擁する住友商事・Ellationがプロモーション・ローカライズを担当するという協業だ。日本のアニメIPのモバイルゲームを北米市場にて3社共同でパブリッシングした成果とその成功要因とはどうなのか。また、日本アニメIPを用いたモバイルゲームの北米展開の成果をどのようにみているのか。今回の取材で[...]

【インタビュー】グリー、住友商事、米Ellationにきく北米ゲーム展開のゲームの手応え…共同パブリッシングを生かしたその成果に迫る is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.