インド政府、『TikTok』や『WeChat』など中国アプリを禁止 「ユーザーデータ不正取得の苦情を受けて」と説明



インド政府、『TikTok』や『WeChat』など中国アプリを禁止 「ユーザーデータ不正取得の苦情を受けて」と説明インド情報技術省は、6月29日(現地時間)、59のモバイルアプリに対して使用を禁止すると発表した。対象となったのは、Beijing ELEX Technologyのゲーム『Clash of Kings』やMOONTONの『Mobile Legends』、ByteDanceの動画共有アプリ『TikTok』、テンセントのメッセージアプリ『WeChat』、新浪公司のSNS『weibo』など中国企業のアプリとなっている。禁止の理由として、「AndroidやiOSプラットフォームにおいて利用可能ないくつかのモバイルアプリにおいて、ユーザーのデータを盗み、インド以外の場所にあるサーバーに密かに送信しているという多くの報告、苦情を受けた」と同省は説明している。中国インドの両軍は、6月15日にラダック地方にある国境地帯で衝突し複数の死傷者を出している。今回禁止になったアプリは以下の通り。  [...]

インド政府、『TikTok』や『WeChat』など中国アプリを禁止 「ユーザーデータ不正取得の苦情を受けて」と説明 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.