レトロチックな縦スクロール型のシューティングRPG!妖精も勇者も戦士もドワーフも空を飛ぶ!「EverHero」



EverHero 妖精やドラゴンが空を駆けるファンタジー!・・・ドワーフもね。

妖精も勇者もドワーフも空を飛ぶ縦スクロールシューティングRPG!

「EverHero」は、ファンタジー世界の住人たちが空を飛んで魔物と戦う縦スクロール型のシューティングRPG。
妖精が飛ぶというのはわかるが、勇者戦士ドワーフもみんな空を飛ぶというそんな世界観―――ちょっとカオスな感じだがクセになるぞ。

レトロアーケードスタイルの縦スクSTG!

EverHero けっこうボスキャラはグロいデザイン。
カートゥーン的なイラストとちょっと妙な世界観だが、シューティングとしては真面目な良作
操作はスワイプでの移動ゲージ式のボムをボタンで発射するシンプルなスタイルで、ステージも最後にボスが登場するレトロアーケード風のつくりだ。

ヒーローとオプションをレベルアップ!&編成!

EverHero この妖精さんは小さくない!
自機は妖精ドワーフなど人間型のヒーローキャラクターと、ドラゴングリフィンといった魔獣型のチャンピオンキャラクターを左右へオプションとして追従させる最大3キャラ編成だ。
ヒーローは8キャラ、チャンピオンは4キャラコインで解放して選択する。
それぞれパラメータが違っていて扱いやすさが違い、レベルアップによってショットの形状が大きく変化していくぞ。

「EverHero」の魅力は、見た目も攻略も良い意味でレトロチック!

EverHero 行け!グリフォン(ボム)!
ザコの中に中ボスが登場したり、個数制限ではなくゲージが溜まることで使える方式のボムなど、日本のアーケードシューティング―――特に80年代以降の縦スクロールSTGをよく研究して作られている印象。
画面外からの攻撃が来ることを予告ラインで知らせるなど、ユーザビリティなシステムも盛り込んでスマホでの遊び易さを気にしつつもレトロさを貫くつくりは非常に好感が持てる。

ステージ攻略だけじゃない複数のモード!

EverHero 報酬を狙え!
通常のステージ攻略は1ステージごとにメイン画面に戻る仕様だが、古いアーケードゲームのようにエンドレスで遊べるモードやボスラッシュモードといったシューター御用達のモードも用意されている。
最初からボスラッシュも遊べるが、もちろん難易度は高め
だが、シューターならこの歯ごたえは味わっておいて損はないレベルだろう。報酬も美味しいので是非!

編成で変わる自機性能!

EverHero どのオプションがいいかな?
ヒーローキャラだけでも個性的だが、オプションの選び方でもかなり性能が違ってくる。
オプションのチャンピオンキャラにもレベルがあるので、しっかり育成して多種多様な編成を楽しもう。

ゲームの流れ

EverHero
操作は簡単。スワイプで移動とゲージで放てるボムといったもの。
赤いラインは画面外からの攻撃予告なので注意!
 
EverHero
ステージのラストにはボスが待ち受ける。
意外とよけにくい弾幕なのでボムも活用しよう。
 
EverHero
ステージクリアでボックスをゲット!
空けるのに時間がかかるがCM視聴で短縮も可能だ。
 
EverHero
資金を稼いだらキャラを育成していこう。
別のキャラを解放して使うのもありだ。
 
EverHero
ヒーローキャラとオプションを編成・レベルアップして先のステージを攻略だ。
空飛ぶドワーフの雄姿を見よ!かっこいい!

「EverHero」の攻略のコツ

EverHero お髭がいいね!
キャラの性能はかなり偏っていて、尖った能力差があると思った方がいい。
序盤は最初から使える妖精がおススメだが、STGファンなら2人目のドワーフが攻撃力高めで進めやすいだろう。
ただし、どのキャラもある程度レベルを上げないと若干扱いづらいので、資金を稼いでキャラのレベルを上げてから使うように。

ボムは決め撃ちで!

EverHero 弾幕の盾として役立つぜ!
ボム役グリフォンはステージ内での難しいと感じる部分に置くように使っていくのが得策。
弾幕がキツイ時に先んじて置いておいて弾を消して、グリフォンが画面にいるうちに厄介な敵をやっつけてしまう戦法がいいぞ。

CM試聴で資金稼ぎ

EverHero ショップにCM=資金のボタンがある。
序盤の攻略法として、CM視聴ボタンを使って資金を稼いでレベルをガッツリ上げてしまうというものがある。
キャラクターも2~3人程度は解放して扱いやすいモノを見つけておくのもいいだろう。
何よりオプションを2つつけられるようにすると攻略が楽になるぞ。




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.