【ゲーム株概況(6/19)】全体市場が軟調な中でカプコンが健闘 コンテンツ事業の譲渡を発表したシリコンスタジオは大幅続落 ミクシィは安値更新



【ゲーム株概況(6/19)】全体市場が軟調な中でカプコンが健闘 コンテンツ事業の譲渡を発表したシリコンスタジオは大幅続落 ミクシィは安値更新6月19日の東京株式市場では、日経平均株価は大幅続落し、前日比401.85円安の2万2278.48円で取引を終えた。トランプ米大統領が中国の知的財産侵害に対する制裁関税の検討を指示したと伝えられたことで、国内市場も米中摩擦激化を警戒した売りが朝方から先行した。そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、総じて軟調な推移が目立つ中で、カプコン<9697>が買われた。カプコンは、明日6月20日にカプコンTVでE3特集の生放送を実施する予定であり、何らかの新情報が発表されるのではとの期待感が先行する格好となっているようだ。また、日本ファルコム<3723>やエディア<3935>、コナミHD<9766>などがしっかり。半面、スクウェア・エニックス<9684>が4日ぶりに反落し、ミクシィ<2121>やケイブ<3760>[...]

【ゲーム株概況(6/19)】全体市場が軟調な中でカプコンが健闘 コンテンツ事業の譲渡を発表したシリコンスタジオは大幅続落 ミクシィは安値更新 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.