『Identity V』の事前登録者数が20,000人突破!!1対4非対称型対戦の詳細も判明



NetEase Gamesは、新作サバイバルホラー『Identity V』において、事前登録者数が20,000人を突破したことを発表した。また、ゲームシステムの情報も公開され、1対4の対戦についての詳細などが判明!

事前登録者数20,000人達成により3つの報酬確定!キャンペーンは継続中

[以下、リリースより]

NetEase Gamesは、『Identity V』の事前登録者数が20,000人を突破したことをお知らせいたします。

現在事前登録中の1対4非対称型対戦アクションゲーム『Identity V』は、ビクトリア時代を背景にゴシック風のキャラクターデザインになっており、ゲーム全体として可愛さと怖さの両方の雰囲気が漂っています。

『Identity V』の非対称対戦モードはどんなものでしょうか?

各キャラクターはどんな特徴を持っているのでしょうか?

『Identity V』のミステリアスな謎を解き明かします!

1対4の対戦、ハンターとサバイバー、どちらがお好み?

『Identity V』は二つの対立する陣営からなっており、ハンター1人とサバイバー4人から構成されます。

ユーザーはハンターとサバイバーのどちらかを選択し、マッチングしてプレイします。

単独行動が得意で、チームメイトに勝敗を影響されたくない、もしくは敵を追撃するのに快感を覚えるのであれば、ハンターをお勧めします!

チームワークが得意で、逃走することに刺激を感じる人、もしくはハンターと戦いたいのであれば、サバイバーをお勧めします!

ユーザーはハンターとサバイバーのどちらかを選択し、マッチングしてプレイします

ハンターはサバイバーを追いかけて排除することを目指します。

マップに隠れたサバイバーを見つけ出し、絶対的な力で攻撃してダウンさせた後、ロケットチェアと呼ばれる椅子に縛りつけます。

もしサバイバーがチームメイトから救助されなければ、暫くした後、ロケットチェアから排除されます。

ゲーム内でハンターが3名のサバイバーを排除できれば勝利となります。

5名のユーザーがマッチングすれば、すぐにゲームに突入します

変化に富む天賦システム、より自由な遊び方を実現

選択したキャラクターの影響による特徴以外に、内在する人格の天賦も選択できます。

ゲーム内のプレイを通して経験値を獲得し、これらの天賦をレベルアップさせることができます。

ユーザーはゲーム内で異なるキャラクターと天賦のマッチングを試みる事もでき、様々に組み合わせて遊ぶことができます。

サバイバーの天賦選択画面

ハンターの天賦選択画面

また、『Identity V』は毎回新しいプレイとなります。

ユーザーは自由にハンター陣営、もしくはサバイバーの陣営に入ることができます。

どちらの陣営で遊んでも、異なるキャラクターでゲームに入れます。

キャラクターは異なる背景を持つこと以外に、各キャラクターの特徴または髪型の変化があります。

キャラクター選択以外に、ユーザーは自由に天賦を組み合わせることができます。

選択したキャラクターと内在する天賦の組み合わせにより、戦いはより一層刺激的に、面白くなっています。

『Identity V』に関する情報は徐々に公開していきます。

興味のあるユーザーは公式アカウントをフォローしてください。

(C)2018 NetEaseInc.All Rights Reserved




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.