ソニー・インタラクティブエンタテインメント、18年3月期の経常益は2.4倍の1571億円…PS4ソフトのネット販売好調、円安が押し上げ



ソニー・インタラクティブエンタテインメント、18年3月期の経常益は2.4倍の1571億円…PS4ソフトのネット販売好調、円安が押し上げソニー<6758>のゲーム事業子会社のソニー・インタラクティブエンタテインメントは、6月20日付の『官報』に「平成29年度(2018年3月期)決算公告」を掲載し、売上高8823億円(前の期比0.8%増)、営業利益724億円(同12.8%増)、経常利益1571億円(同144.7%増)、最終利益1266億円(同66.1%増)となり、経常利益、最終利益が大幅な増益となった。ソニーの決算報告によると、高採算の「プレイステーション 4」ソフトのネットワーク販売が伸びたことに加えて、為替の円安、有料会員サービス「プレイステーション プラス」の加入者数の増加などが主な増収増益要因となったとのこと。経常利益が大きく伸びたが、為替の円安など営業外収益の押上効果が大きかったようだ。 [...]

ソニー・インタラクティブエンタテインメント、18年3月期の経常益は2.4倍の1571億円…PS4ソフトのネット販売好調、円安が押し上げ is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.