【ゲーム株概況(6/22)】外資の目標株価大幅引き上げを材料にLINEが異彩高 ミクシィが後場に入って一段安 シリコンスタジオは6日続落



【ゲーム株概況(6/22)】外資の目標株価大幅引き上げを材料にLINEが異彩高 ミクシィが後場に入って一段安 シリコンスタジオは6日続落6月22日の東京株式市場では、日経平均株価は3日ぶりに反落し、前日比176.21円安の2万2516.83円で取引を終えた。米国の貿易摩擦拡大への警戒感や、6月のフィラデルフィア連銀製造業景況指数の悪化が嫌気され、朝方から輸出関連株を中心に売り物が先行した。そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、全体に軟調な銘柄が目立つ中で、LINE<3938>が異彩を放つ強さを見せた。LINEは、JPモルガン証券が投資判断を従来の「ニュートラル」から「アウトパフォーム」に格上げし、目標株価を3300円から5200円に引き上げたことが材料視されたようだ。また、コーエーテクモHD<3635>やマイネット<3928>、カプコン<9697>などが難地合い下で健闘した。マイネットは、『黒騎士と白の魔王』が「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[前編]始まりの物語/[後編[...]

【ゲーム株概況(6/22)】外資の目標株価大幅引き上げを材料にLINEが異彩高 ミクシィが後場に入って一段安 シリコンスタジオは6日続落 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.