【ゲーム株概況(6/25)】サッカーW杯の盛り上がりでコナミHDに追い風期待 ミクシィなどが年初来安値更新 シリコンスタジオは7日続落



【ゲーム株概況(6/25)】サッカーW杯の盛り上がりでコナミHDに追い風期待 ミクシィなどが年初来安値更新 シリコンスタジオは7日続落6月25日の東京株式市場では、日経平均株価は続落し、前日比178.68円安の2万2338.15円で取引を終えた。米国がハイテク製品の対中輸出制限などを検討していると報じられたことで、米中貿易摩擦を警戒した売り物が国内市場も先行した。そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、全般に軟調な銘柄が目立つ中で、ミクシィ<2121>やコロプラ<3668>、ボルテージ<3639>、ケイブ<3760>、オルトプラス<3672>、Aiming<3911>、アカツキ<3932>などが年初来安値を更新した。ミクシィは前週末のチケットキャンプ問題の書類送検と代表取締役交代人事が尾を引きずっている部分もあるようだ。また、シリコンスタジオ<3907>は7日続落と下げ止まらず、大手ゲーム株ではカプコン<9697&g[...]

【ゲーム株概況(6/25)】サッカーW杯の盛り上がりでコナミHDに追い風期待 ミクシィなどが年初来安値更新 シリコンスタジオは7日続落 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.