イマジニア子会社のSoWhat、18年3月期は5000万円の最終赤字に…「官報」で判明



イマジニア子会社のSoWhat、18年3月期は5000万円の最終赤字に…「官報」で判明イマジニア<4644>のゲーム開発子会社SoWhatは、6月25日付の「官報」に第3期(2018年3月期)の決算公告を掲載し、最終損益が5000万円の赤字だった。前の期は9700万円の赤字だった。同社は、LINE<3938>との共同事業となる第1弾ゲームタイトル『LINE アキンド星のリトル・ペソ』(2018年6月5日にサービス終了)のほか、リラックマやすみっコぐらし、たれぱんだなど、歴代のサンエックスキャラクターがデフォルメされて登場するパルズゲーム『すみすみ』を2月より配信している。 [...]

イマジニア子会社のSoWhat、18年3月期は5000万円の最終赤字に…「官報」で判明 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.