アトラス、18年3月期の最終損益は6.86億円の赤字 事業譲渡で発生した営業権償却のため パッケージゲーム中心に業績は好調



アトラス、18年3月期の最終損益は6.86億円の赤字 事業譲渡で発生した営業権償却のため パッケージゲーム中心に業績は好調セガサミーホールディングス<6460>傘下のアトラスは、6月25日、第5期(2018年3月期)の決算公告を掲載し、最終損益は6億8600万円の赤字だった。同社によると、業績が悪化しているというわけではなく、2013年11月に行われた、インデックスからセガドリーム(現アトラス)への事業譲渡に起因し発生した営業権を毎期償却しているため、と說明している。パッケージソフトを中心に業績は好調で、グループ全体の業績にも貢献した。セガサミーホールディングスの発表にもあったとおり、『ペルソナ5』のリピート受注や欧米地域版の販売が好調だったほか、『真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY』『世界樹と不思議のダンジョン2』『ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー』『ドラゴンズクラウン・プロ』を発売し、販売数は好調だったうえ、作品のクオリティへの高く評価され、計画を大きく上回っ[...]

アトラス、18年3月期の最終損益は6.86億円の赤字 事業譲渡で発生した営業権償却のため パッケージゲーム中心に業績は好調 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.